みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

パネルウイングの特徴

パネルウイングとは?

パネルウイングは、トラックの荷台がパネル製でできていて、側面がウイング式で開閉するトラックのことを言います。

荷台のパネルの素材は、アルミをベニヤ合板などで補強したものが一般的で、側面は開閉ボタンで上下に開閉することができます。

この側面のルーフパネルが上下に開閉した姿が鳥が翼を広げた状態に似ていることから「パネルウイング車」と呼ばれています。

パネルウイングは、積荷を風雨やほこり、直射日光から守ることができるだけでなく、積み降ろし作業もスムーズに行う事ができるため、荷物の梱包も簡素化することができます。

さらに、荷崩れもしにくく、ロープでの固定も必要ないので、盗難や走行中の落下を防止することもできます。

また、強度を高めるためにコルゲーションパネルと呼ばれる波状のパネルを使用した車両や、荷台部分をサンドイッチパネル構造という高い断熱性能を持つものに架装した車両などの存在します。

パネルウイングの主な使われ方

パネルウイングは、パネル製の荷台を自動で開閉する事ができ、開口部が大きいので、フォークリフトを使った積み下ろし作業が可能です。

また、シートや幌をかけたり、荷物をロープなどで固定したりする必要もないので、効率の良い作業を行うことができます。

そのため、車両のサイズも2tトラックから10tトラックまで多くの種類のパネルウイング車が活躍しています。

主に、一般の運送業や宅配便の集配送業、引越し業者など様々な業種に幅広く利用されており、新車・中古車問わず高い人気があります。

PAGE
TOP