みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【変更の手続きなど】IC免許の暗証番号を忘れた場合は?

豆知識
入力画面

 運転免許証に記載されている情報を記録したICチップを埋め込んだ、IC免許があるのはご存じでしょうか?

 このIC免許は、個人情報を保護するために採用されていますが、登録する際に暗証番号の設定が必要になります。

 しかし、IC免許の暗証番号を忘れた場合はどうなるのでしょうか?

 そこで今回は、IC免許の暗証番号や変更の手続きについてまとめてみました。

IC免許と暗証番号

 さて、IC免許と暗証番号はどのようなものなのでしょうか?

 IC免許は、運転免許証に記載されている情報を記録したICチップを埋め込んだ運転免許証のことで、個人情報を保護する目的で採用されています。

 また、運転免許試験場などで、IC免許を取得する際には暗証番号の設定が必須で、4桁の数字2組が必要です。

 この2組の暗証番号は、ICチップの内容を確認する際に必要となります。

 暗証番号を入力して確認できる個人情報の内容は、以下のようになります。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 免許種別
  • 本籍

 さらに、IC免許の暗証番号2組を照合することにより、顔写真を読み取ることができます。

IC免許のメリットやデメリット

 次に、IC免許のメリットやデメリットについてふれていきたいと思います。

 IC免許のメリットとしては、本籍はICチップへの登録のみとなり、運転免許証に記載をしないために、プライバシーが保護されます。

 また、IC免許は、偽造や変造などが行えないような複雑な構造のため、不正使用を防止できます。

  • IC免許のメリット
  • プライバシーの保護
  • 偽造や変造の防止

 一方、IC免許のデメリットは、登録する際に設定する暗証番号を忘れてしまうことが挙げられます。

 暗証番号を忘れてしまう理由としては、メモを取っていないことが考えられます。

 また、暗証番号を入力する際に、3回続けて間違えると内容が読み取れなくなり、ロックされてしまいます。

 このように暗証番号を間違えてロックされてしまった場合は、市区町村で定められた運転免許試験場か、警察署の窓口で解除する手続きを行いましょう。

  • IC免許のデメリット
  • 暗証番号を忘れてしまうことがある
  • 暗証番号を3回続けて間違えるとロックされる

暗証番号を忘れた場合は?

 では、IC免許の暗証番号を忘れてしまった場合は、どうすればいいのでしょうか?

 暗証番号を忘れてしまった場合は、市区町村で定められた運転免許試験場か、所在地を管轄する警察署の窓口で手続きが行えます。

 この場合、確認に必要な書類はIC免許が挙げられます。

 また、IC免許の暗証番号の確認に手数料は掛からないので、必要書類のIC免許を忘れないように心掛けましょう。

IC免許の記載事項の変更手続きについて

 IC免許は、氏名、住所、本籍の記載事項の変更を行うことができます。

 この記載事項の変更場所は、市区町村で定められた運転免許試験場か、所在地を管轄する警察署の窓口になります。

 IC免許の記載事項の変更に必要な書類は以下が挙げられます。

  • 氏名・本籍を変更する場合
  • 届出書
  • IC免許
  • 住民票
  • 住所を変更する場合
  • 届出書
  • IC免許
  • 新住所を確認できる書面

 さらに、IC免許の記載事項の変更を行う際に、本人と同居する親族以外の方が手続きを行う場合は、委任状が必要になります。

 ちなみにIC免許の暗証番号は、更新などで新たに免許証の交付を受けるまで変更が行えません。

 IC免許の暗証番号を忘れた場合は、運転免許試験場や警察署などで手続きを行って、メモを取っておくといいかもしれませんね。

関連記事

PAGE
TOP