みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【道路交通法違反?】停車中のスマホ操作は違反になる?

法律・制度
スマホの操作

 車の運転中にスマホや携帯電話を操作している方を見かけたことはないでしょうか?

 このスマホ操作を走行中の場合や信号待ち、渋滞中で行うと違反に該当かもしれないですよね…。

 しかし、この疑問に対しては明確なルールが定められています。

 そこで今回は、停車中のスマホ操作はどこまでがセーフなのかと、違反にならないための注意点についてまとめてみました。

停車中の操作はどこまでがセーフ?

 さて、停車中の操作はどこまでがセーフなのでしょうか?

 これは道路交通法第71条で定められています。

 この71条は、自動車が完全に停止している時を除いて、手で保持しなければいけないスマホや携帯電話などの操作を禁じています。

 なお、通話や画像を注視することもこの法律にふれるので注意しなければなりません。

 違反した場合は、警察官の判断にもよりますが減点と罰金の支払いを命じられることがあります。

 道路交通法71条の記載事項は以下のようになります。

 第71条  車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

 『自動車又は原動機付自転車を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置を通話のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置に表示された画像を注視しないこと』。

 上項が定められた規則ですが、要点を簡潔すると、次の2つに集約されます。

  • 完全に停止している時の操作はOK
  • 走行中に手でスマホや携帯電話の操作、または通話などを行うことはNG

 停車中の信号待ちや渋滞などの完全に停車している際はスマホ操作が可能となりますが、走行中だとスマホや携帯電話を手で保持すると運転に支障が出ます。

 このため、走行中は助手席などに置くか、カバンに入れておくように心掛けてみましょう。

 よって、完全に停車している状態での操作までがセーフになるので、走行中の操作は控えるようにしましょう。

違反にならないための注意点は?

 では、違反にならないための注意点とはなんでしょうか?

 道路交通法では、完全に停車中のスマホ操作に関しては、違反にならないですが、信号待ちや渋滞にはまっている時の通話は極力避けた方が良いと定められています。

 その訳は、以下のようなことが挙げられます。

  • 急な発進に対応できない
  • 車間距離を計れない
  • 警察官によっては操作違反をとがめられる

 この理由は、通話に集中してしまうと信号が変わった直後の急な発進に対応できないことや、歩行者の飛び出しなども考えられるからです。

 さらに、渋滞中での操作も先行者との車間距離を計れなくなる恐れがあるので、控えた方が良いかもしれませんね。

 また、警察官によっては、停車中でもスマホの操作違反をとがめられる場合があるので、疑われるようなことはしないことが必要です。

 以上の違反にならないための注意点を参考にして、マナーを守った運転を心掛けてみてはいかがでしょうか。

関連記事

PAGE
TOP