みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【義務や期間】初心者マークの位置は?

豆知識
初心者マーク

 自動車の運転免許証を取得した場合、運転することを許可されたことになりますが、この際につけるのが初心者マークです。

 とはいえ、つけるのは義務なのか、つける期間や位置について分からないという方も多いのではないでしょうか。

 そこで今回は、初心者マークのつける期間や位置についてまとめてみました。

初心者マークは義務なの?

 さて、そもそも初心者マークとは、左が黄色、右が緑に塗り分けれた日本道路交通法に基づく標識の一つです。

 この初心者マークをつける理由としては、マークを提示した車両を保護するためであり、他車の幅寄せや割り込みなどの行為を防ぐ目的があります。

 このため、道路交通法では初心者マークをつけることが義務になっており、第71条の5号第1項では以下のように定められています。

 第84条第3項の普通自動車免許を受けた者で、当該普通自動車免許を受けていた期間が通算して1年に達しないものは、内閣府令で定めるところにより普通自動車の前面及び後面に内閣府令で定める様式の標識を付けないで普通自動車を運転してはならない。

 初心者マークの提示を課されている運転者が、これを怠った場合は違反になり点数1点が加算されます。

 また、他車が初心者の自動車に対する妨害行為などを行った場合も違反点数として加算されるので注意しましょう。

 初心者マークは、運転免許証を取得したてのドライバーや周囲の運転者が安全に運転できるように義務づけられた目印ということになります。

初心者マークをつける期間や位置は?

 さて、初心者マークをつけることが義務と説明しましたが、つける期間や位置はどうなっているのでしょうか?

期間

 初心者マークをつける期間は、道路交通法に表記されている通り自動車免許証を交付されてから1年間はつけないといけません。

 この期間内に初心者マークをつけず運転すると、違反になるので注意が必要です。

 また、1年以上経って初心者マークをつけることは罰則にあたらないので、運転に不安がある方や久しぶりに運転する方はつけても問題がありません。

位置

 初心者マークをつける位置ですが、明確なルールがあります。

 この位置とは、運転する車両の前後の、視認性の高い部分に付けなければいけません。

 これは、ドライバーの目線に合わせた高さを定めています。

 また、初心者マークにも種類があり、吸盤タイプやマグネットタイプがあるので、つける場合は見やすい位置に配置することを心掛けましょう。

 上記の内容をふまえて、初心者マークのつける位置や義務を守って運転してみてはいかがでしょうか。

関連記事

PAGE
TOP