みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【人身傷害保険ってなに?】特徴や補償内容について教えて!

豆知識
人身傷害保険

 任意保険には様々な内容のプランがありますが、その中に人身傷害保険というものがあります。

 この人身傷害保険は任意保険の基本的なプランのセットには含まれておらず、オプションで加入するといったものですが、具体的にはどのような内容となっているのでしょうか?

 そこで今回は、人身傷害保険の特徴や補償内容、補償金額についてまとめてみました。

任意保険の人身傷害保険とは?

 さて、人身傷害保険とは一体どういったものなのかと言いますと、事故によって契約車に乗っている人が死傷した時や歩行中に起きた事故を補償してくれる保険で、事故の過失に関わらず治療費や休業補償が受けられます。

 一般的に、事故で死傷した時、本人に過失がある場合は過失割合に応じて保険金が減額されます。

 そのため、信号無視やセンターラインオーバーで事故を起こすと、過失100%と判断されるので、自賠責保険はもちろん、任意保険からも保険金を受け取る事ができません。

 しかし、この人身傷害補償保険に入っている場合は補償が受けられるのです。

人身傷害保険の特徴

  • 過失割合に関係なく保険金を受け取れる
  • 死亡や傷害を補償
  • 治療費・休業補償・慰謝料を全額補償
  • 単独事故や当て逃げも補償
  • 他人の車や歩行中の事故も補償
  • 補償金額は契約内容による
  • 損害額が確定すれば、示談が成立する前に受けとる事が可能

例えばケガを負った場合、搭乗者傷害保険は部位や症状に応じて決められた金額が支払われますが、人身傷害補償保険の場合はかかった費用の実費を全額補償してくれます。

 では、この人身傷害補償保険の補償額は一体いくらくらいなのでしょうか?

人身傷害保険の補償額

 さて、かかった費用の実費を全額補償してくれるという人身傷害保険ですが、上限額が設定されており、一般的には無制限や1億円、その他には8,000万円、5,000万円、3,000万円などがあり、選べるようになっています。

 例えば、自分が加害者で以下の損害と過失割合だった場合…

加害者の過失…80%
被害者の過失…20%

被害者の損害額…1,000万円

 以上のような過失割合の場合、被害者は加害者の対人賠償保険と対物賠償保険から自分の過失20%をのぞいた800万円を受け取る事ができます。

ですが、被害者が人身傷害補償保険に加入していれば、自分の過失は関係ないので、残りの200万円も含め1,000万円全額を受け取ることができます。

 たとえ、自分の過失が100%の事故であっても全額補償されるので安心ですね。

関連記事

PAGE
TOP