みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【自損事故傷害保険ってなに?】特徴や補償内容について教えて!

豆知識
車とお金

 任意保険は種類が多い分、どの保険に入るとどんな補償を受けれるのか分からない方も多いでしょう。

 そんな任意保険の1つに、自損事故傷害保険というものがあります。

 しかし、加入していてもあまり詳しく知らないという方が多いのではないでしょうか?

 そこで今回は、自損事故傷害保険の特徴や補償内容・金額についてまとめてみました。

自賠責保険とは?

 さて、まず交通事故と聞くとどんなイメージを持つでしょうか?

 車と車が衝突する事故を想像して車や家族、そして自分の心配をする方が多いのではないかと思います。

 次に考えるのが衝突した車両に乗っていた人の事だと思いますが、どんな優先順位で考えるかは人ぞれぞれで、それによって加入する保険も変わってきます。

 車と車の事故ばかりを想定していた場合、「もし相手のいない事故が起きたらどうするの?」と聞かれても、相手のいない事故というものがまずイメージできないのではないでしょうか?


 相手のいない事故にはどんな事故があるのかと言うと、「ハンドル操作をあやまってガードレールに激突」といった相手がいない事故の事を自損事故と呼んでいます。

 交通事故において意外に多いのが、このドライバーの過失による単独事故で、こうした事故でケガや死亡した場合、他者である同乗者についてはその車についている自賠責保険が支払われますが、運転者本人の死亡や傷害については、自賠責保険から保険金は支払われません。

 自損事故傷害保険とは、そうした自損事故を起こした際の後遺傷害が残る大きなケガや死亡事故に対して補償をしてくれる保険です。

どんな特徴があるの?

 車対車の事故でも、「信号待ちで停車している車への追突」といった場合のように、すべての過失が一方の運転者にある事故も少なくありませんよね。

 では、どういった場合が自損事故として扱われるのか見てみましょう。

  • バックしてたら電柱にぶつかった
  • 不注意でガードレールに突っ込んだ
  • センターラインをオーバーして対向車と正面衝突した
  • カーブを曲がりきれずにガケから転落した
  • 家屋等に衝突した

 主な場合としては、こういった相手のいない単独事故に対して補償してくれます。

 また、自損事故傷害保険は、殆どの場合「対人賠償保険」を契約すると自動的にセットされてきていると思うので、任意保険に加入されている方は確認してみてくださいね。

 ただし注意しておきたい特徴が1つ、この自損事故保険を使うと保険の等級が3ランク下がってしまうので、本当にちょっとしたケガといった場合には使わない方が賢明です。

自損事故傷害保険の補償内容や金額は?

 自損事故傷害保険は、補償金額がきまっています。

 どのくらいの金額が支払われるのか見てみましょう。

  • 死亡時…1,500万円
  • 後遺傷害…50万円~2,000万円
  • 介護用…200万円~350万円
  • 医療保険…6,000円/4,000円(入院1日あたり/通院1日あたり)

 自分の不注意によって起きた大きな事故の場合、同乗者に対しては自賠責保険が適用されますが、ドライバーのケガや死亡に関しては、自賠責保険は適用外なので請求できません。

 また、単独事故の場合は請求する相手がいないという事になるので、そんな時にドライバーを守るために最低限度の補償をしてくれるのが自損傷害保険です。

 任意保険の加入を検討されている方は、気にしてみてください。


 ちなみに飲酒運転や無免許運転での事故・自殺を目的とした場合には自損傷害保険の適用外となります。

 安全運転を心掛けるだけでなく、心身ともに健康を心掛けて体調が悪い時には無理に運転をしないようにしたり、なにかをしながらの「ながら運転」などで注意を怠らないように心がけて運転しましょう。

関連記事

PAGE
TOP