みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

アフターファイヤーの原因や対処・対策方法は?

豆知識
アフターファイヤー

 パンパンという音と共に、マフラーから火を噴くアフターファイヤー。

 このアフターファイヤーは、見た目が良いという理由で、故意に起こすことも可能です。

 しかし、意図的に起こしたならまだしも、自然発生した場合は、どう対処すれば良いのでしょうか?

 そこで今回は、アフターファイヤーの原因と対処、対策についてまとめてみました。

そもそもアフターファイヤーとは?

 アフターファイヤーとは、エンジン内部で燃焼し切れなかったガソリンやディーゼル(未燃焼ガス)が、エキマニやマフラーの熱により引火して、燃焼しながらマフラーから音や炎が出る現象のことです。

 このアフターファイヤーが自然発生し続けると、エンジンの故障の原因になってしまいます。

 また、この現象はバックファイヤーと似ていますが、バックファイヤーはガソリンやディーゼル(未燃焼ガス)がエンジンの燃焼室外で燃焼し、キャブやエアクリーナー側に逆流するので、異なる現象と言えます。

 では、アフターファイヤーは一体何が原因で発生するのでしょうか?

 次の項目で、アフターファイヤーの原因について見て行きましょう。

アフターファイヤーの原因とは?

 アフターファイヤーの原因は、以下の3点が挙げられます。

  • ガソリンやディーゼル(未燃焼ガス)の噴出濃度が濃い
  • ガソリンやディーゼル(未燃焼ガス)の噴出濃度が薄い
  • 点火のタイミングが遅い

 これらは、エンジンが高回転になるエンジンブレーキ使用時や、ギアチェンジ時に発生しやすく、シリンダーへの燃焼が濃いか、薄い事が要因となっています。

 また、マフラー内部にカーボンが蓄積される事により、スパークプラグの失火や、各センサーの故障なども起こります。

 運転手が気づかない程度のアフターファイヤーなら問題はありませんが、アフターファイヤーの音がマフラーから聞こえた場合は、エンジンへの負担も大きくなっている可能性があるので、対処が必要になります。

アフターファイヤーの対処と対策とは?

 アフターファイヤーが起きた際の対処は、以下が挙げられます。

  • エキマニやマフラーなどの交換
  • 燃料の噴射濃度の調整を行う

 さらに、アフターファイヤーの対策は、プラグの点検や清掃をマメに行う事が挙げられます。

  • プラグの点検
  • プラグの清掃

 これらの対処と対策は、共に整備工場で行うことが出来ます。

 このため、アフターファイヤーが頻発してしまい、エンジンが故障する前に、整備工場で整備やパーツ交換を行いましょう。

 以上の対処や対策を覚えていれば、アフターファイヤーが起こっても慌てなくて済むのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP