みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

ハイドロプレーニング現象の原因と対策方法は?

豆知識
ハイドロプレーニング

 走行中に車のコントロールが出来なくなる、ハイドロプレーニング現象。

 ハイドロプレーニング現象が起こると、ハンドルとブレーキが利かなくなってしまい、車がコントロール出来なります。

 この現象の名前を知っている方は多いと思いますが、実際に起きた際の対処法を知っている方は少ないと思います。

 また、この現象を起こさないための防止策も、どんな方法があるか気になりませんか?

 そこで今回は、ハイドロプレーニング現象の原因と対処・対策方法をまとめてみました。

ハイドロプレーニング現象とは?

 ハイドロプレーニング現象は、水が溜まった路面で車が水に浮いた様な状態になり、タイヤが路面を掴めなくなる現象です。

 このハイドロプレーニング現象が起こるとタイヤが路面を掴めなくるので、ハンドル操作が出来ず、事故が起こりやすくなります。

 しかし、なぜこのような危険な現象が起こるのでしょうか?

 次は、このハイドロプレーニング現象の原因について確認してみましょう。

ハイドロプレーニング現象の原因とは?

 では、ハイドロプレーニング現象が起こる原因とは、どんな要素があるのでしょうか?

 ハイドロプレーニング現象が起こる原因は、主に以下の4点が考えられます。

  • 深い水溜まりの上を走行する
  • 車の速度が早い
  • タイヤの溝が浅い
  • タイヤの空気圧が低い

 このような原因があり、特に走行速度が60キロから80キロに達する高速道路での運転中に起きやすくなっています。

 では、高速道路の中でもどのような場所で発生するのでしょうか?

  • トンネルの出口
  • トンネル内部が乾いていて、出た途端に路面に水が張っている場合。
  • 雨が止んだとき
  • 雨が止むと安心してスピードを上げてしまいがちですが、部分的な水溜まりでもハイドロプレーニング現象が起きます。
  • 道路に「わだち」があるところ
  • 交通量が多い道路や、チェーンが必要な降雪地帯など、「わだち」がある場所は水はけが悪いので、水溜りができやすくなっています。

ハイドロプレーニング現象の対処法は?

 さて、実際にハイドロプレーニング現象が起こってしまったら、どのように対処すれば良いのでしょうか?

 ハイドロプレーニング現象の対処として、以下の方法が挙げられます。

  • ハンドルを切らない
  • ブレーキを踏まない
  • シフトダウンしない

 ハイドロプレーニング現象に遭遇してしまった場合は、ハンドルやブレーキ操作を行わず、タイヤのグリップが自然回復するのを待ちます。

 このタイヤの回転は、カーブや道路の切れ目などで回復します。

 また、ハイドロプレーニング現象が起こってしまうと、操作が出来ずパニック状態になる事も考えられます。

 このような事態を避けるためにも、ハイドロプレーニング現象の対策も次の項目で確認していきましょう。

ハイドロプレーニング現象の対策方法は?

 では、ハイドロプレーニング現象の対策とは、どのような方法があるのでしょうか?

 ハイドロプレーニング現象を起こさない為の対策とは、以下が挙げられます。

  • タイヤの溝の深さが半分くらいになる前に交換する
  • タイヤの空気圧を適正値にする
  • ハイドロプレーニング現象に強い溝のタイヤを選ぶ

 つまり、ハイドロプレーニング現象の対策は、日々のタイヤの管理が重要と言えます。

 これらを実行し続ければ、充分対策になるはずです。

 対策が万全であれば、ハイドロプレーニング現象は起こらなくなるでしょう。

関連記事

PAGE
TOP