みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【無保険車傷害保険ってなに?】特徴や補償内容について教えて!

豆知識
衝突事故

 任意保険には対人・対物などの賠償責任保険から、搭乗者傷害保険・人身傷害保険などの傷害保険、自分の車に対する保険である車両保険まで様々な種類があります。

 そのため、自分の場合はどれに加入したら良いのか迷うこともあるでしょう。

 そこで今回は、そんな任意保険の1つ「無保険車傷害保険」の特徴や補償内容について説明していきたいと思います。

無保険車傷害保険とは?

 無保険車傷害保険とは、対人賠償保険に加入していない自動車との事故により、死亡や障害が残るケガを負った場合、十分な損害賠償を受けれない時に相手の損賠償責任の不足分について保険金が支払われる自動車保険の事です。

 要するに、交通事故が起きた際に相手側が任意保険に入っていないと、十分な賠償金額を支払ってもらえないので、それを補ってくれる保険ということです。

 この無保険車傷害保険は、任意保険の傷害保険の中の1つで、任意保険に加入している場合にはプランの中に入っている場合がほとんどなので、加入している任意保険を確認してみましょう。

 これから加入するという場合は、どんな事を補償してもらえるかこれから説明していくので参考にしてみてください。

無保険車傷害保険ってどんな事を補償してくれるの?

 無保険車傷害保険は、自動車保険に入っていない、または保険に入っていても補償内容が不十分な自動車との事故を起こした場合に、加害者が負担すべき損害賠償額のうち自賠責保険といった自動車保険の限度額を超える部分に対して保険金が支払われます。

 支払われる保険金は、加害者が負担すべき損害賠償額のうち、自賠責保険といった保険金を超える部分に対してで、被保険者1名につき2億円を限度に保険金が支払われます。

 ただし、加害者が対人賠償保険や無保険車傷害保険の適用がある場合には、その保険金額のうち、高い額から2億円差し引いた額が限度額です。

 基本的な保険金額は2億円で、運転者や同乗者が死亡または後遺障害を被った場合において、相手からの賠償金が十分に得られないとなった時に支払われるという事です。


 どんなケースが補償対象なのか見てみましょう。

  • 保険に加入していない相手との事故により搭乗者が死傷した場合
  • 相手の保険では損害賠償額に足りない場合の不足分を補償
  • 当て逃げなどで、相手が不明の場合に補償
  • 相手の保険が使えない場合

 無保険車傷害保険は、契約者が被害者になるので当て逃げなど相手が分からない場合や、相手が分かっていても保険に入っていない場合などに補償してくれるありがたい保険なのです。

自賠責保険の限度額を超えた場合はどうなるの?

 さて、事故の相手が保険に加入していなかったり、保険金が不十分に支払われないとなると、死亡事故や後遺症が残るケガをした時にはとても困ります。

 そこを補ってくるのが無保険車傷害保険なのですが、どんな場合でも必ず支払われるかというとそういうわけではありません。


 どんなケースが補償対象から外れるのか見てみましょう。

  • 被保険者の故意によってその本人について生じた傷害
  • 被保険者の逃走行為・自殺行為・犯罪行為により起きた事故
  • 被保険者の酒酔い・無免許・麻薬吸引などの状態で運転中にその本人について生じた傷害
  • 被保険者が被保険自動車の所有者の承諾を得ないで搭乗中に生じた傷害
  • 賠償義務者が家族である場合
  • 自動車修理業・駐車場業・給油業・洗車業・自動車販売業・陸送業を行っているものが受託して運転中に起きた事故
  • 地震・噴火・津波などによる傷害

 こういった自分に過失がある場合や、保険の内容によって支払われない事があるという事です。

 ちなみに、相手が自賠責保険に加入していたとしても死亡保険金は3000万円が上限で、昨今交通事故の損害賠償額が1億円を超える事も珍しくなく、とてもまかないきれるものではありません。

 そんな場合でも任意保険に加入していれば無保険車傷害保険から2億円まで支払いが可能です。

 いつ自分が加害者・被害者の立場になるかは分からないので、大きな事故に備えるためにも無保険車傷害保険が入っている任意保険に加入しておいた方が安心かもしれませんね。

関連記事

PAGE
TOP