みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【紛失した…でも大丈夫!】車検証の再発行に必要な書類や手続きとは?

書類
必要書類

 トラックの買取時はもちろん、車検時など車に関する契約をする際は、ほぼ必要となる車検証。

 そんな大事な車検証を誤って紛失してしまった場合、そのままにしておくわけにもいきませんよね。
 ただ、再発行を行う際にどのような書類や手続きが必要になるのか、わからない方も多く存在するかと思います。

 そこで今回は、自身で車検証を再発行する場合と、代行業者に依頼する場合、それぞれ必要な書類についてまとめてみました。

自身で再発行する場合に必要な書類

 様々な場面で必要となる車検証ですが、紛失もしくは、汚してしまった場合、再発行してもらうにはどのような書類が必要になるのでしょうか?

 以下に、自身で再発行を行う際に必要となる書類を一覧でまとめてみたので確認してみましょう。

  • 申請書
  • 新しい車検証をコンピューターで発行する際に必要となる用紙です。
    車検証の再発行手続きを行う陸運局で入手する事ができます。

  • 車検証(汚損した物が残っている場合)
  • 車検証を紛失ではなく、汚損して手元に残っている場合は車検証を返納する必要があります。
    汚損した状態でも車検証が残っている場合は持参するようにしましょう。

  • 申請者の身分証
  • 免許証やパスポートなど、自身の身分を証明する証明書も必要となります。
    身分証を忘れてしまうと、申請が出来ない可能性があるので注意しましょう。

  • 理由書
  • 車検証を紛失して返納が出来ない場合は、理由書の記入と認印の押印が必要です。
    理由書は陸運局で入手するか、インターネット上からダウンロードする事で入手する事ができます。
    ただし、車検証が破れたり汚れて手元に残っている場合は必要ありません。

  • 手数料納付書
  • 車検証の再発行を行う際に必要となる、手数料に相当する金額の印紙を貼り付ける用紙です。
    再発行手続きを行う陸運局で入手する事ができます。

  • 印鑑
  • 車検証の再発行手続きを行う際、申請書や委任状、理由書に認印の押印が必要となるので、印鑑を持参しましょう。
    印鑑が無いと、書類の申請が出来ない可能性があります。

代行業者に再発行を依頼する場合に、必要な書類

 次に、自身で行うのではなく代行業者に依頼して車検証の再発行をしてもらう際は、どのような書類が必要になるのでしょうか?

 以下に、必要書類を一覧でまとめてみたので確認していきましょう。

  • 使用者の委任状
  • 本来、申請を行うべき当事者が代理人に申請を依頼する場合に必要となります。 委任状には当事者による認印の押印が必要となります。

  • 車検証(汚損した物が残っている場合)
  • 車検証を紛失ではなく、汚損して手元に残っている場合は車検証を返納する必要があります。
    汚損した状態でも車検証が残っている場合は持参するようにしましょう。

  • 理由書(使用者の押印があるもの)
  • 車検証を紛失して返納が出来ない場合は、理由書の記入と認印の押印が必要です。
    理由書は陸運局で入手するか、インターネット上からダウンロードする事で入手する事ができます。
    ただし、車検証が破れたり汚れて手元に残っている場合は必要ありません。

 これらの書類等を揃えたら、運輸支局内で再発行申請手数料である300円分の印紙を購入して、手数料納付書に貼り付けます。

 その後、申請書、理由書(車検証を紛失した場合)、手数料納付書に必要事項を記入して、運輸支局の窓口に提出すれば、車検証の再発行が行われます。

 書類提出前には必ず記入漏れがないか確認しましょう。万が一不備があった場合、申請が受理されない事も考えられます。車検証の再発行が行われたら、車検証の記載に不備は無いか確認を行いましょう。

 また、車検証を紛失したまま車を運転すると、道路運送車両法に問われる可能性があるので注意しましょう。

関連記事

PAGE
TOP