みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

トラックの正しい洗車方法や手順

整備・メンテナンス
トラックの洗車

 業務などで使用するトラックは、汚れが付きやすくなっています。

 このため、定期的な洗車が必要ですが、汚れがなかなか落ちないといった経験もあるかと思います。

 1回の洗車で確実に汚れを落とせれば、洗車の回数も減らすことが出来ますよね。

 そこで今回は、トラックの洗車時に用意する物と、洗車の手順についてまとめてみました。

トラックの洗車に用意する物は?

 さて、トラックを洗車する際に必要となる道具とは、何が挙げられるのでしょうか?

 トラックの洗車で最低限必要となる道具を、以下にまとめてみました。

  • スポンジ
  • スポンジは、車体を洗う物と、ホイールを洗う物の2種類準備しておくと良いでしょう。
    車体用のスポンジは、PVA素材の様な傷が付きにくい物を選びましょう。
  • ブラシ
  • ブラシは、タイヤやホイールを磨く際に使用します。
    硬いブラシだとキズがつく恐れがあるので、できるだけ柔らかい毛先のブラシを準備しましょう。
  • カーシャンプー
  • カーシャンプーは、車専門の洗剤になります。
  • バケツ
  • バケツは、カーシャンプーと水を入れるのに使用します。
    スポンジとブラシを浸しておきましょう。
  • 脚立
  • 脚立は、屋根や高い場所を洗車する際にあると便利です。

 また、直射日光が当たり、車体の温度が高くなっている時は、洗車を控えた方が良いと言われています。

 この理由は、車体の温度が高くなると、カーシャンプーの成分が車体に焼きつく可能性があるからです。

 つまり、洗車を行う際は太陽の出ていない曇の日に行った方が良いと言えます。

トラックの洗車方法や手順は?

 上項では、洗車に必要となる道具などについて確認しました。

 では、実際に洗車を行う際の手順とは、どうなっているのでしょうか?

 トラックの洗車を行う際の手順は、以下のようになります。

  • 洗車ガンやホースでおおまかに水洗い
  • 洗車ガンが無い場合はホースで、車体全体の汚れを落とします。
    この際は、タイヤ周りから天井、側面からドア、ボディからバンパーのように、高い箇所から低い箇所にかけて洗います。
  • カーシャンプーで車体を洗う
  • カーシャンプーをスポンジに付けて泡立て、ボディ全体を優しく洗います。
    この際も高い箇所から低い箇所にかけて洗いましょう。
  • ホイールやタイヤを洗う
  • ボディ全体を洗い終えたら、ブラシにカーシャンプーをつけて、タイヤやホイールなどの細かい部分を洗います。
  • 車体の洗い流し
  • 細かい部分を洗い終えたら、洗車ガンやホースを使い、車体全体の汚れを水で洗い流します。

以上のような洗車の手順を守れば、なかなか落ちない汚れもキレイに落とす事が出来ます。

洗車の際に汚れを確実に落とせれば、洗車を行う回数も減らせるでしょう。

関連記事

PAGE
TOP