みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【何が違う?】搭乗者損害保険と人身傷害保険の補償内容や補償金額の比較

豆知識
損害保険

 カーブなど見通しの悪い道を走行してたら、急に通行人や動物が飛び出してきた!

 このような事故につながる恐れのある体験をした事がある人は結構多いのではないでしょうか?

 さらにそれが、対向車線からきた車やバイクなどで、避ける事ができないほどスピードを出していたとしたら…と想像するだけでヒヤヒヤしますよね。

 そんな万が一の事故の時に支えてくれるのが自動車保険です。

 しかし、自動車保険といっても色々な種類があるので、実際に加入すべき保険を見極めるのは中々難しいですよね…。

 そこで今回は、傷害保険である「搭乗者傷害保険」と「人身傷害保険」の補償内容や金額の違いについてまとめてみました。

搭乗者傷害保険とは?

 さて、自動車保険には種類があるという事を説明しましたが「搭乗者保険」は、契約している車に乗っている時にケガをした場合の補償をしてくれる保険です。

 この種類の保険の事を傷害保険と言い、自分の自動車保険の一つとして掛けておくもので、事故が起きてケガをした場合に保険会社に請求を行う事ができます。

 事故を起こした時に被害者・加害者どちらの立場であるかに関係なく、運転手を含めた搭乗者がケガや死亡といった状態になった場合、保険の内容に応じた金額が支払われます。

 搭乗傷害保健にはどんな特徴があるのか見てみましょう。


賠償金を受け取っていても支払われる

 ケガの症状によって決まった金額が支払われる保険です。

 契約している保険の内容によってですが、例えば腕の骨折であれば30万円、入院1日1万円、死亡した場合1,000万円と設定されていれば内容に応じた金額が支払われます。

定額が支払われる

 事故が起きた際に被害者であれば、相手側から人身傷害保険金・無保険車傷害保険・自損事故保険金などの賠償金を受け取っていても、保険金を受ける事ができます。


 まとめると、搭乗者傷害はケガの内容が決まってから定額の料金が支払われるというシステムになっています。

人身傷害保険とは?

 自動車保険には種類がありその中の一つとして、契約している車に乗っている時にケガをした場合に補償してくれるのが傷害保険というものだと説明しました。

 人身傷害保険もこれに当たり、保険契約している車に搭乗している人が事故によるケガや死亡などをしてしまった場合に補償してくれる保険です。

 人身傷害保険は過失の割合に関係なく実際に生じた損害額を契約している保険会社から、その保険の限度額の中で受け取る事がきでます。

 では、人身傷害保険にはどんな特徴があるか見てみましょう。


過失割合に影響されない

 過失割合に影響されずに実際の損害額が、示談を待たずに損害額が確定した時点で支払われます。

 第三者との自動車事故でお互いに落ち度があった場合に、自分が支払う損害額と相手からの賠償金というものが発生します。

 交通事故が起きて相手との過失の割合で揉め事になるケースはよくあり、その結果示談になる場合もよくあります。

 こうなると年単位で話が長引いてしまい、その間に保険がおりなくて困る場合が出てきますが、人身傷害保険は相手との示談が済んでいなくても5,000万円といった規定の補償があれば受け取ることができます。

実際の損害額が支払われる

 上記で少し書きましたが、実際の損害金額を規定に基づいて計算して、保険金額を上限に保険金が支払われます。

 実際の損害額とは、治療費や精神的損害などの治療費・入院費・葬儀費といった事を言います。


 まとめると、人身傷害保険は実際の損害額を計算し、過失割合に関係なく、その損害額全額を保険金として支払われるシステムになっています。

搭乗者傷害保険と人身傷害保険は、どう違うの?

 人身傷害保険・搭乗者傷害保険はともに、保険の加入者が車で運転している際に事故によるケガや死亡事故が起きてしまった場合に自分+一緒に載っている人の分まで補償してくれる保険です。

 この2つの一番大きな違いは保険金の計算方法と補償してもらえる範囲になります。

 どういった違いがあるのか見てみましょう。


■人身傷害保険と搭乗者傷害保険のちがい

  人身傷害補償保険 搭乗者傷害保険
どんな時に請求できる? 車に乗っている人が死傷した時、他の車に乗っている時や歩行中の事故で死傷した時 車に乗っている人が死傷した時
補償内容は? 治療費・通院にかかる交通費・休業損害・遺失利益などに対して補償 死亡保険金・入院保険金・通院保険金。もしくは部位症状別の一時金に対して補償。

 人身傷害保険は自分の過失の有無にかかわらず、ケガや死亡による損害を保険金額内で受ける事が可能で、自分や家族が他人の車に乗っている時や歩行中の事故も補償内容に含まれています。

 搭乗者傷害保険は自動車保険専用の「傷害保険」で、実際の損害額や相手からの支払いの有無に関係なく支払われます。


 どちらが良いという事はありませんが、事故が起きてしまった後に示談などの事を考えると使いやすいのは人身傷害保険です。

 搭乗者傷害保険は人身傷害保険に加入したあとプランや保険料と相談して加入するか考えてみると良いと思います。

 どちらの保険も万が一に備えて両方加入しておいた方が事故が起きた際に対応できる幅がひろがるので、補償の内容を吟味して上手に活用していきましょう。

関連記事

PAGE
TOP