みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【対物賠償保険ってなに?】特徴や補償内容について教えて!

豆知識
物損事故

 自動車保険は様々な種類やプランがあり、それにより補償の対象となる物や補償される金額も変わってきます。

 中でも任意保険の基本となるのは「対人賠償保険」と「対物賠償保険」。

 それぞれ、人に対する保険と物に対する保険という認識はあると思いますが、実際にはどんな補償内容なのか、保険金はどれくらいなのかといった具体的な事は分からないという方も多いのではないでしょうか?

 そこで今回は、この中でも「対物賠償保険」について分かりやすく説明していきたいと思います。

任意保険の対物賠償保険とは?

 さて、まずは対物賠償保険とは一体どのようなものなのか見て行きましょう。

 対物賠償保険は、交通事故で他人の物(財産)に損害を与えてしまった時に保険金が支払われるというものになります。

 基本的に加入が義務付けられている自賠責保険に入っていれば車に乗る事は可能ですが、自賠責保険は人身事故に対しての補償はされますが、物損事故に対しての補償はされていません。

 そのため、任意保険に加入している人のほとんどがこの対物賠償保険に加入しているという訳ですね。

対物賠償保険の補償範囲

 さて、他人の物に対して補償される対物賠償保険ですが、具体的にどんな事故の場合に補償の対象となるのでしょうか?

  • 事故相手の車の修理費用
  • 建物の修理費用
  • 信号機や電柱、ガードレール等の修理費用
  • 商業用車の逸失利益
  • 商業施設の逸失利益

 車との事故の場合は、事故の過失割合によって相手の車の修理費用が支払われる事になりますが、建物や信号機などに突っ込んだ場合は、100%の過失になりますので、その修理代を全額負担する事になります。

 特に、信号機や電柱などに突っ込んだ場合は、ケーブルの張替えなど色々な作業が発生してきますので、賠償額は1,000万円を超えることも考えられます。

 さらに、商業車両や商業施設に対して起こした事故の場合は、その修理費用だけでなく、得るはずだった利益も補償する必要が出てきますので、膨大な損害賠償額になる可能性も考えられます。

 このような時のためにも、対物損害保険への加入はとても重要となってくる訳ですね。

 では次に、対物損害保険の補償額についてみていきましょう。

対物賠償保険の補償額

 さて、対物賠償保険で補償される金額はいったいどれくらいになるのかと言いますと、加入するプランによって変わってきます。

 プランは無制限のものや5,000万円のもの、1,000万円ものなど保険会社によって補償限度額が設定されています。

 物損事故は、車にぶつけたり、ガードレールに追突するしたりなど様々な状況が考えられますが、人を巻き込んでいなければ補償額もそれほど大きくならないことが多いです。

 そのため、補償限度額も1,000万円にしている人が多いようです。

 とはいえ、高額な損害賠償の判例が無いこともありません。

 保険料は高くなりますが、5,000万円や無制限のプランに加入していた方がもちろん安心なので、加入の際はしっかりと考えてからプランを選んだほうが良いでしょう。

 ちなみに、実際に支払われる賠償金額は、自分自身の過失割合分だけが相手に支払われる事になります。

●対物賠償保険の契約額が1,000万円の場合

 相手の損害額…600万円

 契約者の過失割合…60%


 600×0.6=360万円

関連記事

PAGE
TOP