みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【簡単!】オイル交換の方法・手順・時期について

整備・メンテナンス
オイル

 エンジンオイルを説明する際には、よく人間の体に例えられます。

 例えば人間の心臓部分がエンジンで、体は車体、それを動かすために栄養を運ぶ役割を担う血液がエンジンオイルだと言われています。

 この車の血液とも言うべきエンジンオイルは定期的に交換が必要です。

 とはいえ、なぜ交換が必要なのか、またどれくらいの頻度で交換する必要があるのかなど、詳しいことは分からないという人がほとんでしょう。

 そこで、今回はオイル交換の方法や交換時期、費用などをまとめてみました。

オイル交換とは?

 エンジンオイルが人間の血液のような役割をするという事を述べましたが、実際にどういったことをするのかと言いますと、エンジン内部の潤滑・密封・清掃・冷却・衝撃吸収・防錆などの役割を担っています。

 本当に血液のように車体を巡り、エンジンが正常に稼働するためのサポートをしているわけです。


 というのも、走行時にはエンジン内部へ燃料やススなどが入ってきてエンジンオイルは汚れて劣化していきます。

 エンジンオイルが劣化したままだと、エンジンを正常に保てなくなり焼きついてしまうといった大きなエンジントラブルの要因になってしまうのです。

 これを防ぐために、エンジンオイルの交換を定期的に行なう必要があるということです。

 では、どういった目安でオイル交換を行なえば良いのか見ていきましょう。

車種 交換の目安
ガソリン車 1万5,000km/または1年
軽自動車(ガソリン車) 1万5,000km/または1年
ガソリンターボ車 5,000km/または6ヵ月
軽自動車(ガソリン車) 1万5,000km/または1年
ディーゼル・ディーゼルターボ車 1万km/または1年

 エンジンオイルが劣化しているかどうかは、見た目では判断がつきにくく、車の使用状態によっても違いが出てきます。

 そのため、表にあるとおり、走行距離や使用期間を基準として、オイル交換の時期を考えてみてください。

簡単にできる!オイル交換の方法とは?

 オイル交換と聞くと「どれがオイル?」と疑問に思ったり、「どの部分だろう?」と車の中をイメージしてちょっと難しいのかな…と疑問に思う方も多いと思います。

 しかし、オイル交換は分解作業などの必要がないので、プロに依頼しなくても家で簡単に行えます。


 用意するものは廃油の受け皿となるもの・新しいエンジンオイル・新しいドレンワッシャです。

 廃油の受け皿となるものは、ホームセンターなどで売られているポイパックが便利だと思います。

 では、オイル交換の手順を見ていきましょう。

1. オイルフィラーキャップを開ける

 ボンネットを開けて、エンジン上部にあるエンジンオイルを入れるところの蓋(オイルフィラーキャップ)を開けます。

2. ドレンボルトの場所を確認する

 車をジャッキアップさせて車体の下側、エンジンの最下部にあるオイルパンに付いているワッシャ付きのボルト「ドレンボルト」の場所を確認してください。

3. ドレンボルドの下へ廃油の受け皿を置く

 その後レンチを使いドレンボルドを外して、オイルを受け皿へ落としていきます。

4.ドレントワッシャをドレンボルトに付ける

エンジンオイルがほとんど出なくなるまで待って、オイル抜きが終わったら新しいドレントワッシャをドレンボルトに付けます。

5. ドレンボルトを取付ける

 ドレンボルトを、オイル抜きが終わった車体に取り付けます。

 オイルパンは柔らかく繊細な部品なので力を入れると壊れてしまう危険性があります。

 なので、あまり力を入れずレンチで緩まない程度に締め付けてください。

6. 新しいエンジンオイルを入れる

 車体の下に工具などの置忘れが無いか確認してジャッキを降ろし、新しいエンジンオイルをエンジン上部にあるオイルの注入口から注いでいきましょう。

7. オイルレベルゲージを確認する

 新しいエンジンオイルを注ぎ、オイルレベルゲージを確認してください。

 エンジンオイルは入れ過ぎてしまった場合に抜き取る事が困難なので、オイルレベルゲージを確認しながらゆっくりと注いでいきましょう。

 量の目安はレベルゲージの上限(HOTUPPER/MAX)の印であるHのラインまでです。

 そこまでエンジンオイルがきていれば十分です。

 8. エンジンオイル注入口の蓋を締める

 最後にエンジンルームに忘れ物がないかチェックを行い、無いと確認ができたらボンネットを閉じます。


 オイル交換の手順はここまでです。

 この後は、エンジンを始動させてみてください。

 1分ほど暖機運転を行い、エンジンが冷めてからオイルレベルゲージを確認し、規定量に達していれば作業完了です。

 念のために車体の下側を覗いてエンジンオイルが漏れていないかを確認してください。

 特に問題がなければオイル交換は完了です。

オイル交換を自分で行なう場合の費用は?

 さて、オイル交換を行うにあたり、交換にかかる費用が気になる方も多いのではないでしょうか?

 エンジンオイル自体は1Lで大体1,000円~5,000円のものが多いです。

 自分でオイル交換を行う際には、このエンジンオイルの代金だけで済みます。

 もし、ディーラーやカー用品専門店、ガソリンスタンドなどで行なう場合にはオイルの代金+500円~の工賃がかかってきます。

 オイル交換だけであれば、それほど難しい作業もないので今回まとめた手順を参考にやってみると、ちょっとした節約にもなるでしょう。

 こういった簡単な作業でも回数を重ねればより車の事を知ることができるので、きっと今以上に楽しいカーライフがおくれると思いますよ。

関連記事

PAGE
TOP