みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【逮捕される?】飲酒運転時の同乗者に課せられる罰金・罰則

法律・制度
飲酒運転

 飲酒運転は、死亡事故に直結するような危険性が非常に高い行為でもあるので、厳しい罰則が課せられる違反行為になります。

 実際に飲酒運転で人身事故を起こしてしまった場合、まず懲役刑は免れないでしょう。

 しかし、その飲酒運転の車に同乗していた場合はどうなるのかご存知でしょうか?

 そこで今回は、飲酒運転時に同乗者に課せられる罰金・罰則についてまとめてみました。

そもそも、飲酒運転で逮捕されるとどうなるの?

 さて、飲酒運転で検挙された場合は、飲酒した量がどんなに少量であっても罰金や罰則が課せられる事になります。

 飲酒運転は、「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」という分類分けされており、それぞれの罰金・罰則などの内容が違ってきます。

■運転手に対しての罰則・処分の表

違反内容 刑事罰 点数 行政処分
酒酔い運転 5年以下の懲役または
100万円以下の罰金
35点 免許取消し
(欠格期間3年)
酒気帯び運転
(0.25mg以上)
3年以下の懲役または
50万円以下の罰金
25点 免許取消し
(欠格期間2年)
酒気帯び運転
(0.25mg未満)
3年以下の懲役または
50万円以下の罰金
13点 免許停止
(90日以上)

 酒気帯び運転は、呼気1リットル当たり0.15mg以上または血液1ミリリットルにつき0.3以上のアルコールを含んだ状態で運転することで、ほろ酔い気分に近い状態のことを言います。

 一方、酒酔い運転はアルコールの影響により、正常な運転ができないおそれがある状態で運転することで、完全に酔っぱらっている状態を指します。

 酔い方に違いはありますが、どちらにしろ重い罪が課せられる事になりますので、飲酒した時は絶対に車を運転しないようにしましょう。

飲酒運転している車に同乗していた場合はどうなるの?

 さて、飲酒運転は危険性の高い行為になるので、飲酒運転をした運転手が逮捕されて刑事罰を受けるのは当然の事ですが、同乗者にもそれなりの罰則が課せられることになります。

■同乗者に対しての罰則・処分の表

運転者の違反内容 刑事罰 行政処分(処分の期間)
酒酔い運転 3年以下の懲役または
50万円以下の罰金
免許取消し(欠格期間3年)
酒気帯び運転
(0.25mg以上)
2年以下の懲役または
30万円以下の罰金
免許取消し
(欠格期間2年)
酒気帯び運転
(0.25mg未満)
2年以下の懲役または
30万円以下の罰金
免許停止
(90日以上)

 主に、運転者と一緒にお酒を飲んで車に乗り運転を頼んだ場合や、運転者がお酒を飲んだ事を知っていて車で送ってほしいと頼んだ場合にこういった処分を受けます。

 同乗者として気を付けたいのは、運転手がお酒を飲もうとしたら止める・お酒を飲んで運転しようとしたら止める・運転手がお酒を飲んでいる車には乗らない、といった事ですね。

飲酒運転は、車を貸していた場合でも処罰されるの?

 さて、飲酒運転の運転者はもちろん、同乗者も罰せられる事になりますが、同乗していなくても、お酒を飲んでいる事を知っていて運転者に自分の車を貸した場合も処罰されます。

■車両提供者に対しての罰則・処分の表

運転者の違反内容 刑事罰
酒酔い運転 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
酒気帯び運転 3年以下の懲役または50万円以下の罰金

 車両を提供した場合には、運転者と同じ処罰を受けることになりますので、軽い気持ちで運転者に車を貸すと大変な事になってしまいます。

 ちなみに、運転者に酒類を提供した場合は同乗者と同じような処罰を受けることになるので、お酒を飲んで運転をしそうな人にお酒を飲ませた場合、刑事罰を受ける可能性があるので他人事では済まされないという事を覚えておきましょう。


 飲酒運転は絶対にやってはいけない行為です。
 飲酒運転による大きな事故を防ぐためにも、飲み会の際には初めから飲まない人を決めておくなどの配慮をしておくようにしましょう。

関連記事

PAGE
TOP