みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【要注意!】トラックを引き渡す時に気をつける事とは?

トラック買取
受け渡し

 トラックを買取して貰う際、実は引き渡し時にいくつかの注意点が存在するんです。

 ですが、多くの方がこの注意点を忘れがちなため、「損をしてしまった…」「気付いた時には遅かった…」なんて思いをする事もしばしば。

 そこで今回は、トラックを買取して貰うまでの流れから、引き渡し時の注意点までをわかりやすくまとめてみました。

トラック買取までの流れ

 まず、トラックが買取されるまでの流れはどのようになっているのかを確認してみましょう。

 以下に、おもな流れを一覧でまとめてみました。

 参考:中古トラック売却の流れ

 参考:トラックの売却・査定の流れ

 参考:車買取・車売却の手続きの流れ

  • 買取業者を探す
  • 始めに、数ある買取業者の中から、いくつかの業者を選択します。業者選びのコツとしては、多くの車両や車種を取り揃えていて、買取実績が多いところを選びましょう。
    そういった業者は、査定経験を多く積んでいる可能性が高く、査定内容も信頼性が高いといえます。

  • 査定を依頼する
  • 買取業者が見つかったら、ホームページや電話、FAXなどで連絡してみましょう。その際、年式や車両状態を伝えて、仮査定をして貰います。
    そこで傷の有無なども細かく伝えた方が好印象を持たれる事が多く、査定に良い影響を与える可能性もあります。
    また、数社に査定を依頼しておき、査定金額が一番高額な会社を選ぶのも良いでしょう。

  • 仮査定額に了承
  • 電話や画像などを元にした査定が終了したら、仮査定額が提示されます。
    その査定額で納得した事を買取業者に伝えると、買取業者が実車の出張査定を行う事になります。

  • 実車を見ての査定
  • 買取業者が実際に車両状態を確認するため査定を行います。
    その際、事前にボディや車内を掃除しておいた方が査定員に好印象を与えます。

  • 査定額に納得し契約終了
  • 実車査定後、提示された査定価格に納得出来たら、契約書に署名と捺印を行って契約終了となります。

  • トラックの引き渡し
  • 契約終了後、買取業者がトラックの引き取りを行います。
    この時に、車検証などの書類一式、整備手帳やスペアキーの引き渡しも忘れずに行いましょう。

 トラックを買取してもらうまでの流れは、以上のようになっています。

 では、次の項目で引き渡し時の注意点を確認してみましょう。

引き渡し時の注意点とは?

 引き渡し時の注意点と言われても、いまいちピンと来ない方が多いですよね。

 以下にまとめた内容は、言われると気が付きますが、つい忘れがちになってしまう盲点となっています。

  • ETCカード、ナビの外し忘れ
  • 引き渡し前までに、装着されたETCカードやナビを外しておきましょう。
    外し忘れてしまうと、後々また購入することになり余計な出費が増えてしまう可能性があります。

  • CD、DVDの取り忘れ
  • 普段、車内で音楽を聞いたりDVDを見ていた場合、必ず引き渡し前にデッキの中にディスクが入っていないか確認しましょう。ディスクの取り忘れで失敗したという事例はいくつも存在します。

  • 荷台BOXをチェック
  • 荷台BOXの中にタイヤや工具等を保管している場合は、引き渡し前に回収しておきましょう。
    工具を新たに購入するといった想定外の出費を避けるためにも必ずチェックしておきましょう。

  • 装備品や説明書類の回収
  • 車両購入後に取り付けたオーディオなどのパーツ類や、装備品の取扱説明書、保証書が残っていないか確認しておきましょう。

  • スペアキー、リモコン類の回収
  • 回収を忘れがちなリモコンの類や、部屋などに保管しているスペアキーも忘れずに回収しておきましょう。スペアキーは車両引き渡し時、買取業者に渡しましょう。

 引き渡し時の注意点として以上の項目が挙げられます。

 買取業者の中には、車内チェックを行わない業者もいるようなので、引き渡し直前に改めて上記の点について確認しておきましょう。

 買取業者は引き取り後、すぐにオークションにかけてしまう可能性もあるので、忘れ物があった場合は戻って来ない事が多くなっています。

関連記事

PAGE
TOP