みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【意味あるの?】オイルエレメントの交換時期や費用、効果について

整備・メンテナンス
オイルエレメント

 車のエンジンオイルは劣化するため、定期的に交換する必要があるのですが、劣化を防ぐ役割を持つ「オイルエレメント」も定期的に交換する必要があります。

 とはいえ、オイルエレメントと聞いても、あまり耳にしない名前なので、実際にどの部分にあって、どんな効果があるのかなどよく分からないという人も多い事でしょう。

 そこで今回は、オイルエレメントの交換時期や効果、費用についてまとめてみました。

オイルエレメントとは?

 さて、オイルエレメントの説明をする前に、まずは車のエンジンについて簡単に触れていきますね。

 エンジンは人間でいうところの心臓に例えられていて、その心臓を巡る血液にエンジンオイルというものがあります。

 このエンジンオイルは、エンジン内部を巡り、エンジンの中の潤滑油として使われたり、錆を防いで汚れを綺麗にしたりしてくれるものです。

 しかし、ずっと使用し続けているとエンジンに入った燃料やススなどのせいで汚れて劣化していきます。

 このオイルの劣化を防いでくれるのがオイルエレメントです。

 オイルエレメントはエンジンオイルをろ過し、エンジンオイルの汚れやゴミを取り除いてくれるフィルターというわけですね。

 ちなみに、オイルエレメントの他に「オイルフィルター」とも呼ばれています。

オイルエレメント交換時期の目安は?

 さて、エンジンオイルは劣化するという事について説明しましたが、劣化したままで走行を続けてしまうと、エンジンの焼き付きを起こすといった大きなエンジントラブルに繋がる危険性があるので絶対に交換する必要があります。

 でも、だったらエンジンオイルだけ交換すればいいのでは?という疑問が持つ方も多いことでしょう。

 もちろん、オイルエレメントはエンジンオイルの劣化を防ぐ効果があるのですが、オイルエレメント自体もエンジンオイルの劣化とともに汚れていくのです。

 オイルエレメントが汚れると、エンジンオイルの性能の低下を早めてしまう原因になったり潤滑油としての役割を妨げる原因になるので、オイルエレメントも定期的に交換する必要性があるというわけです。

 では、どのくらいの頻度で交換が必要なのか見てみましょう。

オイルエレメントの交換時期の目安

車種 交換の目安
ガソリン車 3万km/または2年
軽自動車(ガソリン車) 3万km/または2年
ガソリンターボ車 1万km/または1年
軽自動車(ターボ車) 1万km/または1年
ディーゼル・ディーゼルターボ車 2万km/または2年

 走行距離や年数などを目安に交換時期が推奨されていて、エンジンオイル交換の2回に1回ペースで交換するというのが基本の目安とされています。

 エンジンオイルを交換する際に一緒にオイルエレメントの交換をするとよいでしょう。

オイルエレメントを交換する際の費用は?

 さて、オイルエレメント交換の必要性についてここまで述べましたが、実際に交換する際はどれくらいの費用がかかってくるのでしょうか?


 オイルエレメントの交換を依頼した際にかかる費用は以下のとおりです。

 オイルエレメント本体の価格…約300円~2,000円

 作業工賃…約1,000円~3,000円

 ちなみにエンジンオイルとオイルエレメントをセットで交換してもらう場合は、約3,000円~5,000円程度かかってくるようです。

※ディーラーや整備工場、ガソリンスタンドなどによって価格は異なります。

 また、オイルエレメントの交換自体は、車についてちょっと知識があれば自分で行なう事も可能です。

この場合、オイルエレメント自体のみの費用で済ませることがちょっとした節約にもなります。


 オイルエレメント交換などのメンテナンスをしっかりとおこなってコンディションを整えれば、故障のない快適なカーライフを送れるのではないでしょうか。

関連記事

PAGE
TOP