みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【保険金を請求】自賠責保険の支払いの手続き方法や必要な書類は?

豆知識
自賠責保険金

 普通車の場合、2年度に受ける車検の際に自賠責保険料を支払いますよね。

 保険料の支払いはきちんと行っていても実際に交通事故が起きた場合、どうやって保険料を請求すれば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

 そこで、事故が起きてしまった際に困らないためにも、今回は自賠責保険の請求手続きや支払いまでの流れをまとめてみました。

自賠責保険とは?

 そもそも、自賠責保険とは自動車を運転する人に加入が義務づけられている損害保険で、交通事故が発生した場合の被害者の保証を目的とした対人保険制度です。

 対人保険制度とは、交通事故による被害者を救済するための制度で、自賠責保険は加害者が負うべき経済的な負担を補てんする事で、基本的な対人賠償を確保してくれます。

 この自賠責保険の対人賠償には国で定められた支払い基準があり、どんな交通事故が起きて、どういった治療が必要なのかといった事で支払いの金額が変わってきます。

自賠責の主な補償内容

  損害の範囲 支払限度額(被害者1名あたり)
傷害による損害 治療関係費・文書料・
休業損害・慰謝料
最高120万円
後遺障害による損害 逸失利益・慰謝料等 神経系統・精神・胸腹部臓器に
著しい障害を残して介護が
必要な場合

常時介護のとき…最高4,000万円
随時介護のとき…最高3,000万円

後遺障害の程度による場合
第1級:最高3,000万円~
第14級…最高75万円
死亡による損害 葬儀費・逸失利益・
慰謝料(本人および遺族)
最高3,000万円
死亡するまでの傷害による損害 治療関係費・文書料・
休業損害・慰謝料
最高120万円

 迅速かつ公平に保険金等を被害者へ支払うために、このように支払基準が定められているのです。

自賠責保険の請求方法って?

 さて、自賠責保険がどのような内容なのか説明しましたが、やはり知りたいのは実際に交通事故が起きた際、どこに請求するのかという点。

 この場合、被害者が損害保険会社に直接請求する事になります。

 とはいえ、損害保険会社に請求する為にはいろいろな書類を用意しなければなりませんので、その提出する必要のある書類について見て行きましょう。

  • 自動車損害賠償責任保険支払請求書
  • 請求者が損害保険会社へ請求する際の記入用紙です。
    この用紙は損害保険会社に用意してもらえます。
    自賠責保険の証明書番号や加害者、被害者両名の名前や連絡先を記入するので事前に調べておくと良いと思います。
  • 交通事故証明書(人身事故)
  • 交通事故にあったことを公的機関に証明するもので、自動車安全運転センターが発行しています。
    事故が起きた際に警察へ届け出をだすことによって証明書の交付が行なえます。
    証明書を発行してもらうには、自動車安全運転センター事務所・警察署・交番・駐在所・損害保険会社(共済組合)などに行って、申請書を受け取り必要事項を記入し提出する必要があります。
    詳しい申請方法などはお近くの自動車安全運転センターに問い合わせたり、ホームページをご覧ください。
  • 事故発生状況報告書
  • 事故原因・損害の程度・過失の有無などの事故の状況を詳細にまとめた書類になります。
    損害保険会社などで入手して事故が起きた際の状況を図にして表したものです。
  • 医師の診断書または死体検案書・診療報酬明細書・後遺症診断書
  • 治療を受けた医師または病院から発行してもらう書類です。
  • 通院交通費明細書
  • ケガをされた場合、どのような交通手段で通院されて費用がいくらかかったのかを確認する書類になります。
    この用紙は保険会社で用意してもらえます。
  • 損害賠償額の受領者の本人証明ができるもの、戸籍謄本や印鑑証明など
  • 住民登録をしている市区町村や本籍のある市区町村の役所で発行してもらえます。

 これら以外に事故の内容やケガの具合に応じて必要になる書類が違ってきますので、加入している損害保険会社に必要な書類を聞いてみると用意するものが分かりやすくなります。

 書類の準備が整ったら、手続きになります。

 流れとしては、必要な書類と請求書を保険会社へ提出し、保険会社がその書類の内容を確認した上で損害調査依頼を損害保険料率算出機構へ提出します。

 この後、傷害と事故の因果関係などが自賠責の対象となると認められた場合、保険金が支払われるというシステムになっています。

 ちなみに損害保険料率算出機構は自賠責保険の損害の調査を行うところで、事故の発生状況や支払いの適格性などから、自賠責の基準料率の算出まで行っています。

 ここで出た調査結果を基にして損害保険会社は支払い額を決定しています。

自賠責保険の限度額を超えた場合はどうなるの?

 自賠責保険は対人事故が起きた際に被害者に対して基本的な損害を補ってくれる保険です。

 しかし実際に死傷者が出てしまった場合は、支払う金額が高額になり、自賠責保険の限度額では補いきれません。

 この場合、限度額を超える分は任意保険で対応する事になりますので、もしもの時のためにも任意保険に加入しておいた方が良いでしょう。

 また、いざという時に慌てないためにも、すでに加入している保険の補償内容などをよく確認しておく事をお勧めします。

関連記事

PAGE
TOP