みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【燃費測定】JC08モード燃費と10・15モード燃費の違いって?

豆知識
燃費測定

 走行距離に対してどのくらい燃料を消費したかをあらわした「燃費」。

 燃費はカタログの諸元表に記載されているのですが、最近の車種の場合はこれと一緒に「JC08モード」と記載されています。

 実は燃費は測定方法によって数値が変わってくるので、どの方法で測定したのかを明記する必要があるのです。

 そこで今回は、燃費の測定方法について分かりやすくまとめてみました。

燃費の測定方法とは?

 さて、燃費は気象条件や使用環境によって変わってくるので、基本となる数値を割り出す必要があります。

 よく「リッターあたり何キロ」という感じで表されていますが、これは国土交通省の定めた測定方法によって算出された数値です。

 この測定は審査機関で行なわれるのですが、実際に車を走らせるだけではなく、試験場のシャシダイナモメータ(測定器ローラー)に車を載せて、車両重量ごとに負荷荷重を変化させた上で、その場でタイヤを回転させて測定します。

 ちなみに、シャーシダイナモメータとは、車の動力である馬力やトルクを測定するための装置で、ローラーの上に車の駆動輪を乗せ、エンジンの力でローラーを回すことで動力を測定するものです。

 この測定によって得られるデータを基に燃料消費率を出しているというわけです。

 このように、国が定めた様々な走行条件を課して行われる測定方法は通称として「モード燃費」と呼ばれており、「JCO8モード燃費」と「10・15モード燃費」の2つに分けられます。

JCO8モード燃費の特徴とは?

 JCO8モードとは、1Lの燃料で何km走行できるかを、いくつかの自動車の走行パターンから測定する燃費の測定方法の1つです。

 試験の方法は上記で説明したように、シャーシダイナモを用いて車を走行させて行います。

 JCO8モードの場合、試験の前に走行抵抗を測定しておき、試験時に実際の走行時と同等の負荷をかけて測定を行います。

 例えば以下のようなことを行います。

  • ギアポジションを定める
  • 細かい速度変化で運転するとともに、MT車に適用されるギアポジションが定められていて、これに従いながら変速を行います。
  • エンジンが冷えた状態からスタートする
  • クルマの使用環境や変化によって燃費は変わるので、エンジンを温めた状態ではなく冷えた状態からスタートする事で、より実際の運転時に近づけて測定します。

 AT車においては、Dレンジ固定であればどのギアに入っていても良いとされています。

 測定をする際にJCO8モードに特化した制御を行うことができるので、MT車にとって不利ではないかと言われますが、JCO8モード燃費で測定された数値はMT車のほうが優れている車が多く、MT車だから不利であるとは限りません。

 エンジンの特性や車両質量などの要素が複雑に作用しあう事で、実際に走行している状態に近づけて測定するのがJCO8モードです。

10・15モード燃費の特徴とは?

 10・15モードとは、自動車の燃費測定方法で、市街地や郊外を測定した状況において燃料1リットル辺りの走行距離を測定する方法の一つです。

 市街地を想定した10項目の走行パターンと郊外を想定した15項目の走行パターンによって燃費を測定します。

 測定はJC08モードと同じく、シャーシダイナモの上で行ないます。

 測定項目については以下のとおりです。

  • ●10モード燃費測定
  • 1. アイドリング状態 (20秒)
  • 2. 20km/hまで加速する (7秒)
  • 3. 20km/hをキープして走行 (15秒)
  • 4. 20km/hから減速して停止 (7秒)
  • 5. アイドリング状態 (16秒)
  • 6. 40km/hまで加速する (14秒)
  • 7. 40km/hをキープして走行 (15秒)
  • 8. 40km/hから20km/hまで減速 (10秒)
  • 9. 20km/hから40km/hまで加速 (12秒)
  • 10. 40km/hから減速して停止 (17秒)

  • ●15モード燃費測定
  • 1. アイドリング状態 (65秒)
  • 2. 50km/hまで加速する (18秒)
  • 3. 50km/hをキープして走行 (12秒)
  • 4. 40km/hに減速して走行 (4秒)
  • 5. アクセルをオフにした状態 (4秒)
  • 6. 40km/hから60km/hまで加速 (16秒)
  • 7. 60km/hをキープして走行 (10秒)
  • 8. 60km/hから70km/hまで加速 (11秒)
  • 9. 70km/hをキープして走行 (10秒)
  • 10. 70km/hから50km/hまで減速 (10秒)
  • 11. 50km/hをキープして走行 (4秒)
  • 12. 50km/hから70km/hまで加速 (22秒)
  • 13. 70km/hをキープして走行 (5秒)
  • 14. 70km/hから減速して停止 (30秒)
  • 15. アイドリング状態 (10秒)

 10モードで測定を3回、15モードで測定を1回行った結果から燃費を算出します。

 エンジンが暖まった状態からスタートし、一定の速度変化を設けてはいますが実際の運転する状況とは異なった、機械的で直線的な状態で測定する方法が10・15モード燃費です。

JCO8モード10・15モードの違い

 JCO8モード燃費と10・15モード燃費の計測の方法を挙げてきましたは、この2つによって実際にどのくらい違いがあるのか、以下の表を見てみましょう。

  JC08モード 10・15モード
測定開始 エンジンが冷えた状態から エンジンが暖まった状態から
平均速度 24.4km/h 22.7km/h
最高速度 81.6km/h 70km/h
所要時間 1204秒 660秒
走行距離 8.172km 4.165km

 エンジンが暖まっているかどうかや測定基準の厳しさによって違いがでてきます。

 JCO8モードは、測定基準が厳しいため10・15モードよりも、より実際の道を走っている状態を再現できているため正確な燃費率を出すことが可能となっています。

 そのため、現在は全てJC08モードで測定されており、正確性に欠ける10・15モードでの測定は用いられていません。

 車種によっては、JC08モードと10・15モードの両方を記載している車両もあるので、カタログの燃費の欄を注意して見るのも面白いかもしれません。

関連記事

PAGE
TOP