みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【車検や点検整備を受けれる】指定工場と認証工場はどこが違うの?

トラック買取
指定工場 認証工場

 「車検」は車が道路を走行する上で保安基準に達しているかどうかを確認するために行うもので、車を所有している人であれば体験したことがあるのではないでしょうか。

 しかし、車検を依頼する工場には「指定工場」と「認証工場」という2種類の工場があることをご存知でしょうか?

 実は、指定工場と認証工場でできる事が限られていて、自分で車検を通す必要も出てきます。

 そこで今回は、車検や点検整備を受ける事ができる、指定工場と認証工場の違いや利点についてまとめていきたいと思います。

そもそも、点検整備とは?

 点検整備は自動車の故障を未然に防ぎ、その性能維持を図るために行う予防点検のことです。

 正確には「定期点検整備」と言い、国の行う自動車の検査である車検とは別に12ヶ月・24ヶ月ごとに定期点検を行う事が法で規定されています。

 点検整備とだけ聞くと、自分でも出来るかもしれないと思われるかもしれませんが、この点検整備には56ヶ所の検査項目が定められていて、車を分解して整備を行う作業が含まれています。

 そのため、プロの整備士の目で判断しなければ分からない所や、分解整備作業が必要となると自宅で行なうのは難しいのです。

 車はそれ自体がとても精密なつくりになっているので、整備工場での定期的な点検が必要になってくるというわけですね。

指定工場とは?

 さて、点検整備は法的に定められているだけでなく、安全に車を乗り続ける為に必要な整備です。

 この整備を受ける場所として指定工場と言われる工場があります。

指定工場の特徴

 指定工場とは、国から自動車を整備することを認められた工場の事で、民間車検場とも呼ばれており、陸運支局に代わって車検を行うことができます。

 そのため、陸運局とほぼ同じ検査ラインを自社の工場に持っています。

 陸運局とほぼ同じ設備で検査が行なえ、自動車の検査を行う「自動車検査員」がいるということを地方運輸局が指定した自動車整備工場なので、指定工場と呼ばれています。

指定工場で点検整備を行うメリットとは?

 実際に車検の検査をそのまま行うことができるので、車検時には、車検証や点検整備記録簿などの書類を陸運支局に持ち込むだけで新しい車検証が発行されます。

認証工場とは?

 点検整備を受ける場所として指定工場とは異なる認証工場と言われる工場があります。

認証工場の特徴

 認証工場は、自動車の点検・整備を行うための法的基準を満たしている工場の事で、安全確保・整備士・作業スペースなどが国に認められているので認証工場や認定工場と呼ばれています。

 しかし、車の点検整備や修理までは指定工場のように行うことができますが、陸運局と同等の検査ラインを自社で持っていないので、実際に車検で必要となる検査は陸運局に持ち込んで行うことになります。

認証工場で点検整備を行うメリットとは?

 車検と同様の検査をおこなう指定工場に比べると価格が安くなります。

 認証工場で行なえる事は点検整備のみとなっていますので、全ての料金を支払わなくて良いということですね。

結局どっちが良いの?

 簡単にまとめると、指定工場はお金はかかるけれども手間はかからない、認証工場は手間はかかるけれどお金はかからないといった事になります。

 そのため、手間を掛けずに全てプロにお任せしたいという場合は指定工場、費用を抑えたいという場合やユーザー車検を考えている人の場合は認証工場と何を優先させるのかによってどちらに依頼するのか決めるのが良いでしょう。

関連記事

PAGE
TOP