みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【安く取れるユーザー車検とは?】受け方や費用・書類・手順まとめ

整備・メンテナンス
車検場

 自動車が道路を走るうえで保安基準に適合しているかどうかを定期的に確認する検査「車検」。

 ほとんどの人の場合、車検に通す際は業者に依頼する事が多いですが、費用を節約するために自身で検査場に車両を持ち込むユーザー車検という方法を選択する人もいるようです。

 そこで今回は、ユーザー車検の受け方や必要になる書類、かかる費用についてまとめてみました。

ユーザー車検って?

 さて、そもそもユーザー車検とは、冒頭でも説明したとおり、検査場へユーザー自身が車両を持ち込み、継続検査である車検を受ける事を言います。

 ユーザー車検を受ける事ができる場所は、全国どこの運輸支局でも可能です。

 国土交通省のサイトなどで最寄りの運輸局を調べる事ができます。

 とはいえ、業者に依頼すれば手続きから実際の車検まで全て代行して行ってもらえるのに、わざわざ自分で車検を受ける利点はあるのでしょうか?

ユーザー車検のメリットとは?

 ユーザー車検を受ける一番のメリットは、やはり車検の費用が抑えられるという事です。

※代行業者に頼んだ場合の費用とユーザー車検の費用の比較

  車検費用合計
ディーラー車検 法定費用 + 40,000円~100,000円
車検専門フランチャイズ車検 法定費用 + 25,000円~80,000円
民間整備工場車検 法定費用 + 25,000円~80,000円
カー用品店車検 法定費用 + 20,000円~60,000円
ガソリンスタンド車検 法定費用 + 20,000円~60,000円
車検代行 法定費用 + 10,000円~30,000円
ユーザー車検 法定費用 + 0円(法定費用のみ)

 車検の費用は、車検基本料と法定費用の合計で構成されています。

 法定費用の内訳は、重量税・自賠責保険・印紙代の合計で、車両重量などによって変わってきますが大体30,000円~70,000円ほどです。

 自分で車検を受けた場合は、業者に依頼する費用がかからないので、このように断然安くなるという訳ですね。

ユーザー車検のデメリットとは?

 さて、車検費用を抑える事ができるのはとても嬉しいですが、自分で車検を行う場合は自分で整備・点検をおこなう事になります。

 整備・点検には手間がかかるだけでなく、行うのは自動車整備の資格を持たない素人ですから、日頃からしっかりと点検を行っていたつもりでも、気が付かない欠陥が出てくるかもしれません。

 代行業者に依頼するよりもユーザー車検は安くなりますが、費用だけでなく、自分の知識や力量、時間などを考えた上でおこなった方が良さそうですね。

ユーザー車検の受け方や費用・準備する書類は?

 さて、次にユーザー車検の受け方についてですが、まずは車検の予約をする必要があります。

 インターネット上に、「自動車検査インターネットシステム」というホームページがあるので、そこで予約の手続きをする事でユーザー車検を受けれるようになります。

 ここで予約ができたら、ユーザー車検を受ける時に必要になる書類を用意していきましょう。

 必要になる書類は以下のとおりです。

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 自動車税納税証明書
  • 自動車検査票
  • 自動車重量税納付書
  • 申請書(OCR3号様式)

 自動車重量税納付書と自動車検査票は、検査当日に運輸局の窓口で用紙をもらうことになり、申請書は運輸局で購入する事になります。

検査はどういう流れで行なうの?

 運輸局に着いたらまずは窓口へ行き、上記で説明した自動車重量税納付書と自動車検査票、申請書を入手しましょう。

 ここで氏名や日付、車両番号などの必要事項を記入し、印鑑が必要な場合は印鑑を押します。

 書類が揃ったら、車検証、自動車税納税証明書、自賠責保険証を窓口に提出し、支払いをおこないます。

 そしてこの後、いよいよ検査コースで検査を受けます。

 車検の主な検査項目は以下のとおりです。

  • 電気関係…ウインカーやホーンなどのライト部分の点灯の確認や音が出るかなどをチェックします。
  • 排気ガス検査…排気をする部分が正常に機能しているかの排気ガス検査をします。
  • サイドスリップ検査…白線ギリギリを走行し、横滑り量を測定するサイドスリップ検査を行います。
  • スピード、フットブレーキ、サイドブレーキ検査…アクセルを踏んで既定の時速を出すスピード検査やブレーキの利きを確かめる検査を行います。
  • 下回り検査…タイヤの厚みや溝など下回りを検査します。

 これらの検査の結果を、最初に窓口でもらった自動車検査票に記入していくことになります。

 検査員の指示に従いながら検査を行い、その結果を記入した自動車検査票を最後に窓口に提出しましょう。

 これで、新しい車検証とフロントガラスに貼る検査商標(ステッカー)を受け取り、終了となります。

不合格になった場合はどうすればいいの?

 さて、車検は車体に不具合がある場合だけでなく、操作の仕方が悪くても不合格になりますので、注意が必要です。

 もしも、不合格になった場合は再度検査を受けて、合格するまで受けなければ車両を使用する事はできません。

 再検査は、当日の検査であれば3回目までは無料で受ける事ができ、それ以降は追加で再度検査手数料を支払うことになります。

 追加の料金は小型車で1,700円、普通車で1,800円です。

 車体自体の不具合で不合格になった場合は、整備をし直してから再検査を受ける必要があります。

 車検会場となる運輸支局の近くには、認定工場がありますので、そこで調節してもらってから再度検査に挑戦しましょう。

関連記事

PAGE
TOP