みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【逮捕される?】車庫飛ばしをした場合の罰金・罰則は?

法律・制度
車庫飛ばし

 車庫飛ばしという言葉を聞いた事がありますか?

 自動車に関して知識がある人であれば、一度は耳にしたことがあることでしょう。

 実は、この車庫飛ばしというのは犯罪行為の事で、車庫飛ばしをした場合は罰則が課せられる事になります。

 ごく普通に車を所有し、運転しているという場合は、何も問題無さそうですが、もしかしたら知らず知らずのうちに車庫飛ばしという罪を犯してしまっている事もあるかもしれません…。

 そこで今回は車庫飛ばしがどんな犯罪で、どのような罰則が科せられるのかまとめてみました。

車庫飛ばしは逮捕されるの?

 そもそも、車を登録する際には、車の保管場所を証明する車庫証明書というものが必要になります。

 というのも、これに関しては車庫法という法律があり、自宅から2km以内にある駐車場に車を置く事が定められているからです。

 車庫飛ばしとは、そうした国に届ける必要がある車検証などの書類に記載されている住所と、実際に置いてある場所が違う場合を言い、結果的に虚偽の申請をしている事になるので犯罪として扱われます。

車庫飛ばしの罰金や罰則は?

 では、実際に車庫飛ばしには、どんな罰則や罰金が科せられるのか見てみましょう。

違反内容 罰則
虚偽の保管場所申請 20万円以下の罰金
道路の車庫代わり使用 3ヶ月以下の懲役又は20万円以下の罰金
免許:3点減点
道路における長時間駐車 20万円以下の罰金
免許:2点減点
保管場所の不届け・虚偽提出 10万円以下の罰金

 以上のように車庫飛ばしは、免許の点数や罰金・懲役刑と重い刑罰が課せられる立派な犯罪行為となります。

 なお、排ガス規制を避ける為に規制のかからない場所に別名義で車を登録するなど、故意で車庫飛ばしを行う場合と無自覚で知らないうちに行ってしまっている場合があります。

 しかし、車庫飛ばし自体は故意かそうでないかに関係なく犯罪行為になりますので、注意が必要です。

知らない間に車庫飛ばしになってしまうことも…

 さて、犯罪行為にあたる車庫飛ばしですが、実は自分でも知らない間に行ってしまっている場合もあります。

引っ越しをした時

 引っ越しをして住所の登録は行っていても、車の住所である車庫証明書の住所の変更を忘れていると、車庫飛ばしになります。

 特に県外のナンバープレートであると、不審を抱かれやすいので注意が必要です。

 管轄の警察署で交付を受けることができるので、心配な場合は一度車庫証を確認してみましょう。

県外のナンバープレートを付けている

 都心部や憧れている街の名前のナンバーを車に付けて走りたいと思って、県外で車を登録するという行為も車庫飛ばしにあたります。

 自覚せずに車庫飛ばしをして逮捕されるのは、辛いですよね。

 実際に、車を登録する際に車庫証明が不要な地域もあるので、そういった地域に住まわれていてそこから引っ越しをされる場合には、引っ越した先にある管轄の警察で登録をする事が必要です。

 車庫飛ばしは犯罪という感覚が薄い行為ですが、重い刑罰が課せられる立派な犯罪なので、安全運転と共に気を付けていきたいことの一つですね。

関連記事

PAGE
TOP