みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【時期を見て高価買取!】トラックを買い替えるタイミングはいつがベスト?

トラック買取
スケジュール

 日々の業務の中でトラックを長く使い続けていると、だんだん修理や故障する回数が多くなるかと思います。

 そのような状況を迎えた時、トラックを買い替えるべきか否か、悩む方も非常に多いのではないでしょうか?
 そんな時に、買い替えの基準となる目安があると、とても判断しやすいですよね。

 そこで今回は、トラックの買い替え時期はいつなのか?という点に注目してみました。

車体基準の替え時とは?

 トラックは定期的に整備していれば、古い年式のトラックでも現役で走行できるよう丈夫に造られています。

 ですが、だんだん修理する個所が多くなったり、故障を頻繁に起こすようになったりと、いくら丈夫に造られているトラックでも、いつかは限界を迎える時がやってきます。

 ただ、限界までトラックを使用し続けると修理や補修作業が多くなり、出費がかさんできますよね。そうなる前の目安として、以下にトラックの買い替え時期をいくつかまとめてみたので確認して行きましょう。

  • 使用年数の目安
  • トラックは、一般的な乗用車よりも長持ちするよう丈夫に造られています。ですが、使用年数が15年以上を過ぎたあたりから、エンジンやミッションに故障が出やすくなってくると言われています。
    また、エンジンから異音が継続的に発生し続けていた場合など、重大な故障箇所が見つかる事があります。その際、オーバーホールと呼ばれる分解修理を行うことがありますが、実は修理費用として100万円以上掛かる事も珍しくはないんです。
    そのため、15年など一定年数を経過したあたりを一つの買い替え目安としても良いかもしれませんね。

  • 走行距離の目安
  • トラックのエンジンは乗用車よりも長く走行できるよう造られています。ただ、その中でもある程度は走行距離の目安が決められており、小型トラックの場合は50万km程度、中型トラックや大型トラックの場合は70万~100万km程度と言われています。
    もちろん、定期的に整備を行なっていたり、部品の交換をこまめにしたりしていれば100万km以上の走行も可能となっていますが、その分、維持費などのコストが掛かってしまう事になるため、ある程度の走行距離を目安に買い替えるのが良いかもしれません。

  • 排気ガス規制法に非対応
  • 近年では、トラックなどディーゼル車の排気ガス規制が各地域ごとに制定されており、年々排ガス規制が厳しくなってきています。
    そのため、使用しているトラックが排気ガス規制に対応しているかを確認する必要がありますが、新車購入から7年以内であれば、基準に達していなくても運転をすることができます。
    ただし、排気ガス規制の基準に達していないトラックには猶予期間が設けられており、猶予期間内に「DPF(ディーゼル微粒子捕集フィルター)」という排気ガス規制に対応するための装置を装着しないといけません。
    この装置を装着するには、数百万円程度の設置費用が生じることもあるので、排ガス規制に非対応のトラックに乗車していた場合は、買い替えを視野に入れたほうが良いと言えます。

 車体を基準とした時の買い替え目安は以上のようになっています。

 どの場合においても、結果的に維持費や修理費用の負担が大きく掛かるため、買い替えのタイミングを早めに設定しておくのも良いでしょう。

費用基準の替え時とは?

 次に、費用の事を主体にして買い替えを考えた時、一体いつ頃が買い替え時期になるのでしょうか?

 例えば、トラックをローンで購入した場合、ローンの支払を5年~7年以内に済ませて、その後車体を売却し、売却金を元手に新車や中古車を購入した方が経済的と言われています。

 その理由は、トラックの買取業者が使用年数5年~7年程度のトラックであれば、非常に高く買い取ってくれる傾向にあると言われているからです。
 長年運転してきたトラックを手放すのは非常に難しい判断になると思いますが、毎年掛かる車検の費用や年々増えてくる修理費などの維持費を考慮すると、結果的に長く乗るほど多額の費用が掛かることが考えられます。

 そのため、トラックを日々の業務で酷使する事がわかっている場合は、5年から7年ペースで買い替えていった方が結果的に経済的であると言えます。

関連記事

PAGE
TOP