みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【対人賠償保険ってなに?】特徴や補償内容について教えて!

トラック買取
任意保険の保険金

 一般的にドライバーが加入している任意保険は様々なプランがあり、プランによっては補償の対象となる物や金額も変わってきます。

 そんな任意保険の中でも基本となるのが「対人賠償保険」と「対物賠償保険」。

 名前のとおり、人に対しての保険と物に対しての保険というのは分かりますが、具体的にはどのような内容で保険金はどれくらい補償されるのでしょうか?

 今回は、その中でも「対人賠償保険」について分かりやすく説明していきたいと思います。

任意保険の対人賠償保険とは?

 さて、まずは対人賠償保険が一体どのようなものなのか見て行きましょう。

 一般的に、交通事故で自分の車の同乗者や相手の車の搭乗者、歩行者などを死亡させたり、ケガを負わせてしまったりした場合は、損害賠償責任を負うことなります。

 この場合、車両毎に加入している強制保険(自賠責保険)から支払われるのですが、自賠責保険の保険金額は限度額があるため、これを超えた場合は責任を負うことになった自分で支払わなければなりません。

 そこで、この自賠責保険の超えた金額分を補償してくれる保険が対人賠償保険という訳です。

 ちなみに、自賠責保険の補償額は、死亡事故に3,000万円、後遺障害の残る事故に4,000万円、傷害事故に120万円となっています。

 しかし、自動車という大きな物がスピードを出してぶつかる訳なので、事故の状態によっては3,000万円を超える事も珍しくないのです。

 そのため、ドライバーのほとんどは任意保険に加入していて、最低でも対人賠償保険のプランには入っているのです。

対人賠償保険の補償額

 さて、自賠責保険の限度額を超えた場合に発生する対人賠償保険の保険金ですが、一体どれくらいの金額まで補償されるのでしょうか?

 実は、対人賠償保険の補償額は多くの場合、無制限になっています。

 というのも、人身事故は損害賠償金が1人1億円を超える場合も多く、2億、3億円を超えることもあるからです。

 また、自動車の事故は、複数の人に被害を及ぼす可能性も考えられます。

 被害者の人数分の賠償責任を負うことになった場合、負担しなければならない損害賠償額はとんでもない金額になってしまいます。

 そのため、ほとんどの保険会社は対人賠償保険を無制限で設定しているという訳です。

対人賠償保険の補償範囲

 さて、対人賠償保険は事故をした相手(被害者)に補償される保険ですが、補償とならない人もいます。

以下に補償の対象外になる方をまとめてみました。

※補償の対象外となる人

  • 記名被保険者(運転手本人)
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者又は配偶者の同居親族
  • 記名被保険者又は配偶者の別居の未婚の子
  • 許諾被保険者
  • (記名被保険者の承諾を得て車を管理・使用している人)
  • 記名被保険者の使用人

 このように、被保険者の家族や使用人などは補償の対象外となります。

 未然に防ぐ事ができた事故の事例も多いので、運転には十分注意するようにしましょう。

関連記事

PAGE
TOP