みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【大きさ・色・ひらがな・番号】ナンバープレートの種類や大きさについて

豆知識
日本のナンバープレート

 公道を走る車は、必ず装着する義務のある「ナンバープレート」。

 このナンバープレートには、様々な種類が付けられており、どういった意味があるのか疑問に思ったことがある人も多いことでしょう。

 実は、ナンバープレートは車両の用途によって大きさや色、ひらがな等によって分別されているのです。

 そこで今回は、ナンバープレートの種類や大きさ、そしてその意味についてまとめてみました。

ナンバープレートとは?

 さて、まずはナンバープレートの意味ですが、冒頭で述べたとおり、公道を走行する車は装着する義務があります。

 その理由は、ナンバープレートは国や都道府県が車両を一台ずつ管理するために振り当てられるもので、走行している車両は、どこの誰が乗っていて、何の目的に使用されているのか分かるように付けられているのです。

 ナンバープレートの種類は、プレートの色や地名、分類番号、ひらがなによって分類分けされていて、大きく表示されている数字はそれぞれの車両に付けられる登録番号となっています。

 この登録番号には車種や用途は関係ありません。

 ちなみに、この登録番号の数字は1999年に希望番号制度が導入されてから、自分で選べるようになっています。

 では、色や地名、分類番号、ひらがな、そして大きさにはどんな種類があり、どんな意味があるのかそれぞれ詳しく見て行きましょう。

ナンバープレートの色の意味は?

 さて、ナンバープレートの色は、用途により白色、緑色、黄色、黒色の4色に分けられます。

  • 自家用車
  • 普通車は白色のプレートに緑文字、軽自動車は黄色のプレートに黒色の文字
  • 商用車
  • 普通車は緑色のプレートに白色の文字、軽自動車は黒色のプレートに黄色の文字

 これらの色の組合せは、暗いところでも目立ち、自家用車と商用車が対照的だという理由で選ばれています。

 また、これらの色以外に、外交官車両には青色のプレートに白色の文字のナンバーが使われています。

ナンバープレートの地名と分類番号について

 さて、ナンバープレートの上部には地名と分類番号が記されています。

 この地名は、車の使用本拠地の運輸支局または自動車検査登録事務所の所在地が表示され、その地名の横に記されている分類番号は、自動車の種類を表しています。

自動車の種類 分類番号
普通貨物自動車 1、10~19、100~199
普通乗合自動車 2、20~29、200~299
普通乗用自動車 3、30~39、300~399
小型貨物自動車 4、40~49、400~499、6、60~69、600~699
小型乗用自動車 5、50~59、500~599、7、70~79、700~799
特種用途自動車 8、80~89、800~899
大型特殊自動車 9、90~99、900~999
大型特殊自動車
(建設機械)
0、00~09、000~099

ナンバープレートに表記されているひらがなの意味は?

次に、ナンバープレートの左側に記されているひらがなやアルファベットについて。

 ナンバープレートの左側に記されているひらがなやアルファベットは、自動車の用途によって異なります。

  • 自家用車
  • さ、す、せ、そ、た、ち、つ、て、と、な
  • に、ぬ、ね、の、は、ひ、ふ、ほ、ま、み
  • む、め、も、や、ゆ、ら、り、る、ろ
  • 事業用車
  • あ、い、う、え、か、き、く、け、こ、を
  • レンタカー
  • わ、れ
  • 駐留軍人軍属私有車
  • よ、E、H、K、M、T、Yなど

 ちなみに、ひらがなの中には使われないものが4文字あります。

「お」「し」「へ」「ん」です。

 なぜ使用されないのかといいますと、「お」は形が「あ」に似ているので間違いやすいという理由。

「し」は「死」を連想させて縁起が悪いという事で使用されていません。

「へ」は「屁」をイメージされるので使用されていないそうです。

「ん」は発音しにくい事が理由のひとつになっています。

ナンバープレートの大きさにはどんな意味があるの?

 さて、ナンバープレートは大きさも様々です。

ナンバープレートの大きさはどのように分類されるのでしょうか?

 日本で使用されているナンバープレートの大きさは3つのサイズに分けられます。

  • 小板
  • 縦12.5cm、横23cm
  • 中板
  • 縦16.5cm 横33cm
  • 大板
  • 縦22cm 横44cm

 これら3つの大きさは、以下のように対応車両によって分けられます。

  • 小板
  • バイクや原付、2輪の軽自動車や、軽2輪車、小型特殊自動車
  • 中板
  • 普通車、大型に区分されないバス・トラック、大特(0ナンバー、9ナンバー)、普通の軽自動車
  • 大板
  • 車両総重量8トン以上、最大積載量5トン以上のトラック、定員30人以上の大型バス、大型の特殊自動車(クレーン車など、いわゆる8ナンバー)

 これらプレートの種類や大きさを見ると、どのような車両なのか一発で分かりますよね。

 特に覚えておく必要はないと思いますが、街を走っている車のナンバープレートがどうなっているのか見てみると面白いかも知れませんね。

関連記事

PAGE
TOP