みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【搭乗者損害保険ってなに?】特徴や補償内容について教えて!

豆知識
搭乗者損害保険

 ほとんどのドライバーは任意保険に加入していると思いますが、プランの中に搭乗者損害保険というものがあることをご存知でしょうか?

 この搭乗者損害保険は、ドライバー自身に対して補償される保険になるのですが、SAPやPAPといった一般的な保険のタイプに含まれているので、その内容についてはあまり知られていないようです。

 しかし、やはり自分が加入している保険の内容なので、しっかりと把握していたほうが良いでしょう。

任意保険の搭乗者損害保険とは?

 さて、搭乗者損害保険とは一体どういったものなのかと言いますと、車の搭乗者全員が補償される保険で、事故の過失に関わらず、単独事故であっても補償されます。

搭乗者損害保険の特徴

 搭乗者損害保険の特徴としては、以下が挙げられます。

  • 保証対象は搭乗者全員
  • 死亡・ケガが補償される
  • 過失割合に関係なく補償される
  • 単独事故でも補償される
  • 契約している車両に乗車している時に補償される
  • 保険を使っても等級がダウンしない
  • 損害金額が確定する前に保険金が受け取れる
  • 人身傷害補償保険より補償額や補償範囲が小さい

 もちろん、搭乗者傷害保険が支払われるのは、契約している車に正しい乗り方で乗車していた人が対象となりますので、他人の車や違法な乗り方をしていた場合、歩行中の事故には保険金は支払われません。

 では、この搭乗者損害保険の補償額は一体いくらくらいなのでしょうか?

搭乗者損害保険の補償額

 搭乗者損害保険では、事故によって死亡した場合に1,000万円の保険金が支払われる内容で契約するのが一般的となっています。

 ケガの場合は、保険会社にもよりますが、ケガをした部位や症状によって決められた金額が支払われる事になります。

●搭乗者傷害保険の保険金の一例

【頭部のケガ】
打撲・捻挫 …  5万円
挫創    … 15万円
骨折・脱臼 … 60万円

【手指のケガ】
打撲・捻挫 …  5万円
挫創    …  5万円
骨折・脱臼 … 20万円

 また、同じような補償内容である人身傷害補償保険と比較される事が多いですが、人身傷害補償保険の方が補償される額が大きいです。

 しかし、必ずしも十分な保険金を受け取れるかというとそうでもありません。

 そのため、もしもの時のために補償を手厚くしたいという方であれば、少々保険料は高くなりますが、人身傷害補償保険と搭乗者損害保険の両方に加入するのが良いかも知れません。

関連記事

PAGE
TOP