みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【車のエンジンから異音が…】ノッキングの原因と対策方法について

豆知識
エンジン

 アクセルを踏むと、エンジンから急に「キンキン」「ガリガリ」という金属音が…。

 これはエンジンに不具合が起きている状態で、ノッキングと呼ばれます。

 ノッキングが起こる原因は様々で、放っておくとエンジン自体が使い物にならなくなってしまう…なんてことも考えられます。

 そこで今回は、ノッキングの原因とその対策方法についてまとめてみました。

ノッキングとは?

 さて、そもそもノッキングというのは、どのような症状なのかと言いますと、冒頭でも述べたとおり、エンジンから「キンキン」「ガリガリ」「チリチリ」「ガラガラ」などといった異音が発生する状態です。

 基本的に、ガソリンを燃料とするエンジンは、スパークプラグによって点火され燃料が燃焼するという構造になっています。

 しかし、これがなんらかの原因で、自然発火してしまい、この時の衝撃が、燃焼室へ伝わり、振動と金属音が鳴ってしまうのです。

 要するに、燃料の異常燃焼によって引き起こされる現象がノッキングという訳ですね。

 しかし、一時的な過負荷によるノッキング音ならまだマシですが、最悪の場合オーバーヒートからエンジン破損などの大きな故障を引き起こす可能性があります。

 そんな悲惨な事になってしまわないためにも、以下の原因を考察して、ノッキング音の低減、改善対策を行い、エンジン状態を最適化しましょう。

ノッキング音が発生する原因とは?

エンジンへの負荷が大きい

 人を乗っけていたり、重い荷物を積載している場合は、エンジンにかかる負荷が大きいです。

 平坦な道ならまだ良いですが、坂の多い道や、走る止まるを繰り返す道であれば、なおさらです。

 このようにエンジンに大きく負荷がかかることで、燃焼工程が遅れ、タイミング悪く自然着火し、ノッキングが起こってしまうという訳です。

燃焼室が汚れている

 不完全燃焼などが発生すると燃焼室がカーボンで汚れている可能性があります。

 このカーボンに燃料であるガソリンが付着して、これが発火源になり、自然発火してしまっている事もあります。

ガソリンが薄い

 センサーなどに異常があると、噴射される燃料が少なくなり、同時に混合気の燃料も薄くなります。

 そうすると、必然的に酸素が多くなり、燃焼した時に燃焼室が高熱になってしまい、自然着火しやすくなるのでノッキングが発生するという訳です。

燃料のオクタン価が低い

 ガソリンの中でも、ノッキングを起こしにくいものと、そうでないものがあります。

 この起こりにくさ(耐ノック性・アンチノック性)を示す数値がオクタン価です。

 ご存知のとおり、ガソリンにはレギュラーとハイオクがありますが、ハイオクはオクタン価が高く、エンジン内で自然発火しにくくなっています。

 ちなみに、軽油などのディーゼル燃料では、セタン価という数値が使われます。

圧縮比が高いエンジン

 ターボチャージャーが付いているエンジンは、一般的なエンジンより、圧縮比が高くなりやすく、ノッキングを起こしやすいです。

 ターボ搭載のエンジンでなくても、高圧縮エンジンであればノッキングが発生しやすいと言えます。

ノッキングが起きた時の対処・対策方法

 さて、ノッキングが起きた場合の対処方法で、まず手っ取り早い方法としては、ハイオクガソリンを給油すると改善される見込みがあります。

 上記でも説明したとおり、ハイオクガソリンはオクタン価が高く、レギュラーのオクタン価の数値が89以上の指定であるのに対し、ハイオクのオクタン価の数値は96以上と指定されています。

 これにより、ノッキング音を消すことができるかもしれません。

 しかし、ハイオクガソリンはレギュラーガソリンに比べると価格も高め…

 ハイオク指定でない車に給油し続けるというわけには行かないですよね。

 そんな場合でも、燃料添加剤を使用するという対策をすれば効果的です。

 燃料添加剤には、エンジンの洗浄効果があり、カーボンなどで汚れている燃焼室を綺麗にしてくれる力があるからです。

 他にも、トルクアップや燃費の向上なども期待できるので、使ってみると良いでしょう。

 また、ここまでの方法を施しても、ノッキング音が鳴り続けるという場合は、さらに他の原因なども考えられるので、ディーラーや整備工場などに相談し、一度点検してもらうようにしてください。

 エンジンという車の心臓ともいえる箇所の異常…
そのまま放置しておくと、大変な事になる可能性もあるので、なるべく早めに対策をとった方が身のためです。

関連記事

PAGE
TOP