みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【燃費の計算式】自動車の燃費を計算する方法は?

豆知識
燃費計

 年々ガソリン価格が高くなる中、気になるのはやはり車の燃費。

 最近だと、燃費を算出して表示してくれる車種もありますが、そうでない場合、実際に乗っている車の燃費が一体どれくらいなのか、できるだけ正確に知りたいですよね。

 そこで今回は、誰でも簡単に燃費を計算する方法についてまとめてみました。

そもそも、燃費ってなに?

 さて、燃費といえば、最近良く「JC08モード燃費」という言葉を目にする事が多いと思います。

 このJC08モードとは、1Lの燃料で何km走行できるのかをいくつかの車の走行パターンから測定する燃費測定方法で、ごく一般的な燃費の表記に使用されます。

 従来、日本では10・15モード燃費によって測定されていたのですが、こちらは実際の使用条件とかけ離れているという理由から、より実際の走行に近づけるためにJC08モードが採用されるようになりました。

 とはいえ、同じ車種、年式、グレードであっても、運転の仕方や走行条件によって燃費は一台一台異なります。

 というわけで、次の項では自車がどれくらいの燃費なのか計算する方法を紹介したいと思います。

燃費の計算方法

 さて、燃費の計算で一般的に使われる方法として「満タン法」という方式があります。

 満タン法で計算する方法を以下にまとめてみました。

1. ガソリンを満タンにし、トリップメーターをゼロにする
トリップメーターは、スピードメーターの所にあるリセットできる距離計のことです。

2. 普段乗っているルートを走行する
普段の行動範囲を運転すると、より現状の燃費が把握できます。

3. ガソリンが減ったら、満タンにする
この時のトリップメーターの走行距離を給油した量で割ると燃費がでます。

 例を挙げると、500km走行して30L給油した場合…【500km÷30L=12.5km/L】という事になります。

燃費の計算式

走行距離(km) ÷ 給油量(L) = 燃費(km/L)

 この満タン法を何度か繰り返すと、毎回燃費が多少異なると思います。

 この測った燃費の記録をとっていくと、燃費を悪くする原因が分かったり、車両の不調にも気づけるでしょう。

 しかし、この方法だとちょっとめんどくさい…という人もいることでしょう。
 そんな方のために簡単に燃費を測定できる装置が市販化されていますので、興味がある方は検討してみても良いかもしれませんね(少々値が張るようですが…)。

関連記事

PAGE
TOP