みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【乗用車とトラックは年数が違う?】車検の有効期限について

トラック買取
自動車検査

 自動車が保安基準に適合しているかを検査し、登録する制度「自動車検査(車検)」。

 車検は、一定期間ごとに受ける必要があり、これを受けなければ公道を走行する事ができません。

 この一定期間というのは、種類や用途によって異なります。

車検の有効期間

 では、早速用途別に車検の有効期限を見て行きましょう。

車種 初回 2回目以降
自家用自動車 11人未満 3年 2年
11人以上 1年 1年
レンタカー 2年 1年
幼児運搬車 1年 1年
旅客運送事業用自動車(バス・タクシー) 1年 1年
貨物自動車 普通8t以上 1年 1年
普通8t未満 2年 1年
軽四貨物 2年 2年
特殊自動車 2年 2年

 結論を言うと、乗用車は2年、トラックは1年といった感じですね。

有効期間はどこで確認できるの?

 さて、車検の有効期限については上記の表の通りですが、所有している車両はいったいどれくらいの車検の有効期間が残っているのか確認したいですよね。

 車検の有効期間、つまり満了となる日は、基本的に車検証に記載されています。

 また、車検の保安基準に適合している車両は検査標章(ステッカー)が前面ガラスとナンバープレートに貼ってあると思います。

 この検査標章には車検期間満了年月が表記されているので、これでも車検の有効期間を確認する事ができます。

 ちなみに、検査は記載されている有効期間の1ヵ月前から受けることが可能です。

 1ヵ月前以内に検査を受けても次回の有効期限は元の満了日からの期間になります。

 しかし、1ヵ月以上前に検査を受けたり、有効期限を過ぎてしまった場合は、その日から有効期間が起算されることになるので注意が必要です。

関連記事

PAGE
TOP