みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【強制なの?】自賠責保険と任意保険の違いってなに?

豆知識
保険 車

 運転中のもしもの出来事に備えた自動車保険。

 自動車保険には、法律で加入が義務付けられている強制保険の「自賠責保険」と個人の意思で加入する「任意保険」の2種類がある事はご存知かと思います。

 ほとんどの場合は、両方の保険に加入していると思いますが、この自賠責保険と任意保険には一体どんな違いがあるのか、疑問に思う人も結構多いのではないでしょうか?

 そこで今回は、自賠責保険と任意保険の違いについてまとめてみました。

自賠責保険の特徴とは?

 さて、そもそも自賠責保険とはどのような保険なのでしょうか?

 自賠責保険は、自動車損害賠償保障法によって加入が義務付けられている保険の事で、正式名称を自動車損害賠償責任保険、また強制保険とも呼ばれています。

 この自賠責保険に未加入の状態で車を運転したり、証明書を不携帯のまま運転すると罰則を課せられることになります。

 自賠責保険に加入せずに運転すると、「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」「免許停止処分(違反点数6点)」、自賠責保険証明書を車に備えていない場合は「30万円以下の罰金」という処分が下される事になります。

 また、補償範囲や補償額も限られており、事故をした相手の身体に関する損害のみが補償の対象となります。

 つまり、相手の物、自分の身体、自分の物に損害が生じても、保険金は支払われません。

 さらに、相手の身体に関する損害の補償額には上限が定められているので、もし損害額が上限を超えてしまった場合は自己負担になります。

損害の範囲 支払限度額
傷害による損害 120万円
後遺障害による損害 後遺障害の程度に応じた等級によって75万円~4,000万円
死亡による損害 3,000万円

 ちなみに、自賠責保険は様々な保険会社で加入することができますが、保険料は自動車の種類によって定められていますので、どの保険会社で入っても変わりません。

任意保険の特徴とは?

 では次に、任意保険とはどのような保険なのでしょうか?

 任意保険とは、その名のとおり自分の意志で任意的に加入する自動車保険の事を言います。

 自賠責保険の場合は、相手の身体に対しての対人賠償が補償の対象となっていましたが、任意保険の場合は、プランにもよりますが、主に7種類の補償が備わっています。

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 搭乗者傷害補償保険
  • 人身傷害補償保険
  • 自損事故保険
  • 無保険車傷害保険
  • 車両保険

 これらの補償はプランによるので、契約する際はきちんと確認することが重要になります。

 保険料に関しては、年齢や免許の種類、事故歴などで変わってきますので、一概には言えませんが、月額5,000円~15,000円程度のプランに加入している人が多いようです。



 このように自賠責保険と任意保険は、加入の義務や補償の範囲、補償時の金額など違いは多くあります。

 もちろん、義務付けられている自賠責保険のみの加入でも問題はありませんが、もしもの時のためにも任意保険にも入っていたほうが良さそうですね。

関連記事

PAGE
TOP