みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【道路交通法違反?】運転中のイヤホンの使用は違反になる?

法律・制度
ヘッドホン

 オーディオ機能が付いていない車の場合、自分の好きな音楽をイヤホンで聴くという発想を持つ人もいることでしょう。

 さらに、運転をしながらの携帯電話の使用は禁止されているため、ハンズフリー装置を使って話すという人もいるようです。

 しかし、これらの使用は法律的にはどうなっているのかご存知でしょうか?

 そこで今回は、運転中のイヤホンの使用についてまとめてみました。

イヤホンで音楽を聴くのは違反?

 さて、運転中のイヤホンの使用ですが、道路交通法違反にはなりません。

 しかし、イヤホンを着用しながら運転している時にもし、事故を起こしてしまえば安全運転義務違反になります。

 というのも、周囲の音が聞き取れずに運転をするというのは危険行為なので、それが原因で事故になったと判断される訳です。

 もちろんこれは、大音量でオーディオを使用している際はもちろん、ハンズフリーを使用している際も当てはまります。

 さらに、イヤホンの使用について都道府県で条例を出している場合もあり、該当する都道府県でイヤホンを装着した状態で運転をすると条例違反となります。

 主に、以下の都道府県が条例によりイヤホンの使用を禁止しています。

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 滋賀県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
  • 熊本県

 また、上記の都道府県以外にも、千葉県、富山県、山口県、福岡県では、使用は問題ないですが、大音量により外部の音が遮断されていると判断された場合に違反とみなされるようです。

運転中のイヤホンに対する違反点数・罰金・罰則は?

 さて、上記で説明したとおり、運転中のイヤホンの使用は都道府県によって条例で定められていますが、これを違反した場合は、どのような罰則が課せられることになるのでしょうか?

 神奈川県の場合、交通反則切符(通称:青切符)で手続きされ、違反点数はありませんが、反則金の支払いが命じられます。

  • 反則金
  • 大型車(中型車を含む)…7,000円
  • 普通車・二輪車…5,000円

 また、安全運転義務違反となった場合は、以下のような罰則を課せられる事になります。

  • 違反点数
  • 2点
  • 罰則
  • 3ヶ月以下の懲役または50,000以下の罰金
  • 反則金
  • 大型車(中型車を含む)…12,000円
  • 普通車・二輪車…9,000円

 イヤホンの装着を禁止している都道府県で運転する場合は、もちろんイヤホンを使用してはいけませんが、事故にも繋がりかねない危険な行為ですので、条例に関係なく使用するのは控えた方が良いでしょう。

関連記事

PAGE
TOP