みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【えっ!これもダメなの?】サンダルやハイヒールで運転すると違反になる?

豆知識
厚底運転

 車の運転をする際、どんな靴を履いていますか?

 ほとんどの場合はスニーカーや革靴などの履物だとは思いますが、女性のオフィスワーカーはハイヒールを履いて出勤するでしょうし、夏になるとサンダルやスリッパで出かける機会も増えてくると思います。

 しかし、運転をする際はかかとのついた履物や鼻緒がついた履物でないといけない、なんて事も良く聞きます。

 知らずに知らずにやっている事がもし、法律に引っかかるようであれば、大変な事です。

 そこで今回は運転する際に適した靴についてまとめてみました。

そもそも、サンダルやハイヒールは法律で禁止されているの?

 さて、実際のところ運転中にサンダルやハイヒールを履くのは法律的にどうなのかといいますと、きちんとした法があるわけではありません。

 しかし、道路交通法において、サンダルやハイヒールを履いての運転は、道路交通法の第70条(安全運転の義務)から見ると不適切とされ、安全運転の義務違反に問われることになります。

  • 道路交通法 第70条(安全運転の義務)
  • 車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

 また、運転の際のサンダルなどの規定に関しては次項で説明する各都道府県の公安委員会も定めており、各都道府県によってその内容も異なるようです。

サンダルの運転は公安委員会遵守事項違反?

 さて、上記で述べたとおり、サンダルに関する規定は、各都道府県が道路交通法・道路交通法施行令の規定に基づき、道路交通法施規則というものを制定しています。

 この道路交通法施規則の内容でサンダルに関しては主に以下のように定められています。

  • サンダルには鼻緒がついてなければならない
  • サンダルはかかとがついていて固定されていなければならない
  • サンダルでの運転は禁止
  • 裸足での運転は禁止する
  • 運転の妨げとなるような履物は禁止する

 以上のような内容で定められています。

 もしも、この規則に反した場合は、公安委員会遵守事項違反となり、大型車の場合は7,000円、普通車の場合は6,000円の反則金の支払いを命じられます。

 直接的に法律で定められてはいないものの、都道府県の規則や警察によってNGな事があるようですね。

 とはいえ、法律や規則にかかわらず、サンダルやハイヒール、裸足での運転は危険です。
運転に支障のでる恐れのある履物は極力避けるようにしましょう。

関連記事

PAGE
TOP