みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【これでOK!】タイヤの適正な空気圧とは?

整備・メンテナンス
タイヤの空気圧計

 車のボディを支え、エンジンやブレーキのパワーを路面に伝える「タイヤ」。

 タイヤは車が走行する時に路面に接している唯一の箇所でもあります。

 そんな重要な役割を果たすタイヤは、空気圧によって乗り心地やタイヤの性能を発揮するのに大きく関わってくるので適正な空気圧を保つ必要があります。

 そこで今回は、タイヤの空気圧はどれくらいが適正値なのか分かりやすくまとめてみました。

タイヤの空気圧の適正値は?

 さて、タイヤは適正な空気圧を維持する事でタイヤ本来の性能を最大限に発揮する事ができるだけではなく、高すぎても、低すぎてもトラブルの原因になるので、適正値である必要があります。

 そのため、定期的に空気圧を点検するように心がけてください。

 また、タイヤの空気圧は車両重量によって異なる値が設定されていますので、適正な空気圧(指定空気圧)に関しては、車両のドア付近に表示されているので確認してみましょう。
 (車両の取扱説明書にも記載されています)

タイヤの適正空気圧値

 もし、インチアップ(低扁平化)などをしている場合は、空気の容量が異なりますので、この時の適正空気圧はタイヤ販売店などに相談するようにしてください。

 ちなみに、タイヤの空気圧が適正でないと以下のようなトラブルの原因となりますので、注意しておきましょう。

●空気圧不足

  • 発熱による損傷が起こりやすい(ヒートセパレーション)
  • 偏摩耗(片減り)が発生しやすく、タイヤが長持ちしない
  • ハイドロプレーニング現象が起こりやすくなる
  • 燃費が悪くなる

●空気圧過多

  • 乗り心地が悪化する
  • 偏摩耗(センター摩耗)が発生しやすく、タイヤが長持ちしない
  • 傷を受けやすくなり、バーストやコード切れが起こる場合がある

空気圧の点検・調整方法

 さて、タイヤの適正な空気圧を確認できたら、次は空気圧の点検方法について見て行きましょう。

 タイヤの空気圧点検をする場合は、エアゲージという測定器を使用します。

 特に、低扁平タイヤの場合は、空気圧不足を見つけづらいので、エアゲージを使っての測定は必須です。

 ほとんどの人の場合は、このエアゲージを持っていない事と思いますが、その場合はガソリンスタンドやタイヤ専門店などでも点検できるので、直接話を伺ってみるとよいでしょう。

 点検方法としては、タイヤのバルブにエアゲージを差し込むだけです(ガソリンスタンドやタイヤ専門店にある機械を使用する場合は適正値を設定し、自動でエアが充填されます)。

 この時の注意点としては、タイヤが冷えている時に行うようにしてください。

 タイヤの空気は、自然と抜けてしまうものですので、月1ペースで空気圧点検を行うと良いでしょう。

関連記事

PAGE
TOP