みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【どっちが良いの?】ラジアルタイヤとバイアスタイヤの違いについて

豆知識
タイヤ構造

 タイヤにはラジアルタイヤとバイアスタイヤと呼ばれるものが存在します。

 現在は、様々なメリットからラジアルタイヤが一般的とされているのですが、そもそもこの2つは何が違うのか知らない人も多いと思います。

 そこで今回は、このラジアルタイヤとバイアスタイヤの特徴と違いについてまとめてみました。

ラジアルタイヤの特徴とは?

 さて、ラジアルタイヤというのは、カーカスがタイヤの中心から放射状に配置され、それをベルトで締め付けている構造になっており、この構造を「ラジアル構造」と呼びます。

ラジアル構造

 このカーカスの素材は、主にポリエステルで作られており、トラックやバスではスチールやナイロンなどが使用されているタイヤもあります。

 このラジアル構造のメリットとしては、

  • 高速耐久性に優れる
  • 発熱が少ない
  • 転がり抵抗が小さく燃費性に優れる
  • 耐摩耗性に優れる

といった点が挙げられます。

バイアスタイヤの特徴とは?

 次に、バイアスタイヤについて。

バイアスタイヤというのは、カーカスが斜めに配置し、1枚ではネジレが生じるため逆方向にも複数重ね、それをブレーカーで締め付けている構造になっています。

この構造を「バイアス構造」と呼びます。

バイアス構造

 このカーカスとブレーカー素材は、いずれも主にナイロンが使用されています。

 このバイアス構造のメリットとしては、

  • 乗り心地に優れる
  • 価格が安価

といった点が挙げられます。

ラジアル構造とバイアス構造の違い

 さて、ラジアルタイヤとバイアスタイヤについてそれぞれ説明しましたが、ラジアルタイヤの方が圧倒的にメリットが多い事が分かりますよね。

 かつては、「タイヤ」といえばバイアス構造のタイヤの事を指していたのですが、ラジアル構造の耐久性や操作性が向上し、価格が下がったため、メリットの大きいラジアル構造が一般的になり、現在では、バイアス構造のタイヤはトラックやバス、スペアタイヤ、農業機械、建設機械などの一部に使われる程度となったのです。

 現在でも安価で販売されているバイアスタイヤにしたいという人も中にはいるとは思いますが、ほとんどの車両はラジアル構造に合ったサスペンションやフレーム構造で設計されているので、あまりオススメはできません。

 もちろん、運転する事は可能ですが、もしものことを考えると、やはりラジアルタイヤの場合はラジアルタイヤを履くようにしたほうが良さそうですね。

関連記事

PAGE
TOP