みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【メリット・デメリット】タイヤのトレッドの種類ってどれくらいあるの?

豆知識
タイヤのトレッドパターン

 タイヤの表面には、トレッドパターンと呼ばれる様々な柄や模様の溝が立体的に刻まれています。

 ただの飾りのようにしか見えないこのトレッドパターンですが、車が走行する際に重要な役割を果たしています。

 でもこのトレッドパターンにはどんな種類があって、どんな効果を持ち合わせているのでしょうか?

 そこで今回は、このトレッドパターンの種類とそれぞれの特徴についてまとめてみました。

タイヤの溝「トレッドパターン」どれくらいの種類があるの?

 そもそもトレッドパターンとは、冒頭で述べたとおり、タイヤの表面にある溝と切り込みで構成された柄や模様のことです。

 何のためにトレッドパターンが刻まれているのかと言うと…

  • 車の駆動力・制動力等を路面に伝える。
  • 路面の水を排水し、トレッドゴムを路面に密着させる。
  • スリップや横滑りを抑制し、操縦安定性を向上させる。
  • 騒音を抑える。
  • 乗り心地を向上させる。

以上のような役割を果たします。

 さらにこのトレッドパターンは、用途に応じて大きく4つに分類されています。

  • リブ型
  • ラグ型
  • リブラグ型
  • ブロック型

では、これらトレッドパターンはそれぞれどんな時に適しているのか、それぞれの特徴について見ていきましょう。

トレッドの各種類の特徴

リブパターン

リブパターン

 リブ型のタイヤは、舗装された一般的な道路・高速道路の走行に適したパターンとされています。

●リブ型の特徴

  • 直進安定性が高い
  • 排水性が高い
  • 転がり抵抗が少ない
  • タイヤ音が小さい

 リブ型のタイヤは主に、一般的な乗用車やトラック・バスなどで使用される事が多いです。

ラグパターン

ラグパターン

 ラグ型のタイヤは、悪路(非舗装路など)の走行に適したパターンとされています。

●ラグ型の特徴

  • 駆動力・制動力が高い
  • 非舗装路でのけん引力が優れている

 ラグ型のタイヤは主に、トラック・バス、建設機械、産業車両、農耕車両といった専門的な車両に使用されることが多いです。

リブラグパターン

リブラグパターン

 リブラグ型は、リブ型とラグ型を併用したもので両方の特徴を合わせ持っています。

●リブラグ型の特徴

  • リブ型とラグ型の両性能を合わせ持つ

 リブラグ型のタイヤは主に、トラック・バス、小型トラックに使用されることが多いです。

ブロックパターン

ブロックパターン

 ブロック型のタイヤは、凍結した道路や雪道などの悪路の走行に適したパターンとされています。

●ブロック型の特徴

  • 駆動力・制動力が高い
  • オールシーズン用にも適している

 ブロック型のタイヤは主に、スタッドレスタイヤやスノータイヤとして使用されることが多いです。

 以上のように4つのパターンに分かれますが、実際のタイヤを見ると、どれに分類されるのか分かりにくいものがあります。

 というのも、実際のタイヤのパターンデザインは、用途や発揮する性能の重要度などにより、他のパターンと組み合わさっていたり、左右で非対称にしたり、方向性が設定されていたりするので、複雑なパターンデザインとなっており、ひと目では分かりにくいのです。

 タイヤを購入する場合は、自分がどんな環境で車を使用するのか、判断した上で選ぶのが重要になります。
 タイヤの種類はいくつもありますから、タイヤ専門店やカー用品店で相談してみると良いでしょう。

関連記事

PAGE
TOP