みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【スリップサインって何?】タイヤの溝の寿命について

豆知識
スリップ注意

 タイヤは使えば使うだけ、擦り減っていく消耗品です。

 そのため、定期的な交換が必須になるのですが、一体どのタイミングで交換すれば良いのか、分からないという人も多いことでしょう。

 しかし、実はこのタイヤの交換時期を知らせてくれる「スリップサイン」という機能がタイヤには備わっているのです。

 存在自体は知っているという人でも、実際どこにあるのか?どうやって確認するのか?など忘れている人も結構いるのではないでしょうか?

 そこで今回は、このスリップサインとタイヤの溝の寿命についてまとめてみました。

そもそも、スリップサインってなに?

 スリップサインとは、法律で決められたタイヤの使用限度を示すサインのことで、安全のために使用基準が定められていますのでほとんどのタイヤには備わっています。

 では、このスリップサインは一体どこにあるのかと言いますと、スリップサインそのものはタイヤの溝の奥に隠れています。

 良く見ると分かると思いますが、タイヤの太い溝の間に一段高くなっている部分があります。
これが、スリップサインです。

 また、タイヤ表面の外側にスリップサインの位置を表示する△マークが記載されているので、これを参考に探すと見つけやすいと思います。

スリップサインの見方

 さて、スリップサインの位置は分かりましたが、どのようにして溝の減り具合(=交換時期)を確認すれば良いのでしょうか?

 スリップサインの見方は、この一段高くなっている部分からタイヤの残り溝がどれくらいあるのかという点を見て判断します。

スリップサイン

 この残り溝の値は道路運送車両法という法律で以下のように決められています。

  • 乗用車・軽トラック
  • 1.6ミリ
  • 小型トラック
  • 2.4ミリ
  • トラック・バス
  • 3.2ミリ

 このスリップサインの出たタイヤ(残り溝が1.6ミリをきった状態)だと、タイヤの溝の役割が果たされません。

 というのも、タイヤの溝はタイヤと路面との間の水はけを良くする役割があります。

 しかし、この溝が擦り減ってしまうことで、タイヤと路面の間に水が入り込み、路面を掴むグリップ力が低下してしまうのです。

 このグリップ力が低下すると、ブレーキをかけてから止まるまでの制動距離が長くなってしまうので、ブレーキをかけてもすぐに止まらなくなり、最悪の場合、何かに衝突してしまう危険性があるのです。

 このように、溝が無いタイヤは大変危険ですので、1ヶ所でも1.6ミリまで擦り減ってしまっていたら、タイヤの寿命ですので、絶対に使用しないようにしてください。

 スリップサインが出る前に、必ず新しいタイヤに交換するようにしましょう。

関連記事

PAGE
TOP