みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【タイヤが破裂!】バーストの原因や対処・対策方法は?

豆知識
タイヤバースト

 突然タイヤが破裂し、パンクする現象「バースト」。

 急に起こるアクシデントなので、驚くかと思いますが、冷静に対処しなければ、後続車や周りの人に迷惑をかけてしまうだけでなく、大事故につながる危険性もあります。

 そこで今回は、バーストが起きた時の対処方法や事前に防ぐ対策方法についてまとめてみました。

バーストの原因とは?

 さて、そもそもバーストとは、英語で「破裂」という意味で、日本ではタイヤが破裂するという事を指します。

 タイヤから空気が漏れるパンクとは違い、バーストが起きるとトレッド部やサイドウォール部が一気に破壊されタイヤの機能が失われます。

 そのため、パンクのように塞いで修復するという事ができないだけでなく、深刻な事故を招くことも少なくはありません。

 そんなバーストの主な原因としては、以下が挙げられます。

  • タイヤの劣化
  • タイヤの損傷
  • 空気圧の不足
  • 障害物を踏む

バーストした時の対処方法は?

 さて、もし運転中にバーストしてしまった場合は、まず、車のスピードを慎重に落とし、路肩など安全な所に停車してください。

 停車したら、タイヤの状態を確認してください(タイヤ以外にもサスペンションなどに不具合が出ている場合も考えられる)。

 バーストしているのを確認したら、スペアタイヤに交換しましょう。

 もし、スペアタイヤがない場合やタイヤ交換に関する知識のない場合は、JAFなどのロードサービスや保険会社に連絡するとよいでしょう。

 また、バーストを起こしたのが高速道路の場合は、路肩に車を停車させていても、後続車に追突される危険性があります。

 この場合は、必ずロードサービスを呼ぶようにし、待つ間も車から降りてガードレールの外側など、道路からなるべく離れたところに避難するようにしてください。

バーストが起きないための対策とは?

 バーストの原因や対処方法について説明しましたが、実は日頃のメンテナンスで防げる部分も多いです。

 まず、基本的な事ですが、空気圧の点検を定期的におこなうようにしましょう。

 空気圧を定期的に測定していれば、低扁平タイヤでは分かりにくい目視での空気圧の低下も発見することができます。

 また、目視によるタイヤの点検も重要です。

 タイヤの側面やサイドウォール部にキズや膨らみがないかを点検しましょう。

 特にサイドウォール部は、タイヤの構造の中でも比較的弱く、縁石などで擦ったりすると、簡単にキズが付いてしまいます。

 このような傷が原因で、強度が低下し、バーストの原因になるので、発見したらタイヤ専門のお店に相談して、交換すると良いでしょう。

関連記事

PAGE
TOP