みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【冬だけじゃない!】バッテリー上がりの原因と対処・対策方法は?

豆知識
バッテリー上がり

 自動車のトラブルの中でも比較的よく起こりやすい「バッテリー上がり」。

 特に、冬の季節になると起こりやすいトラブルとされています。

 この記事を読んでいる人の中にも、実際にバッテリー上がりを経験したことがある人も結構多いのではないでしょうか?

 バッテリーが上がってしまうと、エンジンも始動しなくなるので、出勤前やお出かけ先で起こると困ってしまいますよね…。

 そこで今回は、バッテリーが上がってしまった時に困ってしまわないためにも、原因と対処方法についてまとめてみました。

バッテリー上がりの原因とは?

 さて、そもそもバッテリー上がりはなぜ起こるのか、原因について見て行きましょう。

  • ヘッドライトの消し忘れ
  • 室内灯のつきっぱなし
  • 消費電力の大きい電装品の使用
  • 自然放電
  • 端子の緩み・配線不良
  • 充電装置の故障
  • エアコンの使用頻度が高い
  • 一度に走行する距離が極端に少ない
  • 夜間や雨天時の使用が多い
  • 冬の長期期間の放置

 バッテリー上がりの原因は、以上のように様々です。

 これらの中でも、最も多いのが消費電力の多い電装品の使用。

 基本的にバッテリーは、車が走行する事により充電されるのですが、車を止めた状態でライトや室内灯などの電装品をつけっぱなしにしておくと、充電された電気が使用され、最終的にバッテリーが上がってしまいます。

 また、気温が低い冬の季節は、バッテリーの性能が下がる特性があります。

 そんな中、車を放置してしまうと、さらにバッテリーが弱くなってしまうのは想像がつくことでしょう。

バッテリー上がりが発生した際の対処方法とは?

 さて、バッテリー上がりの原因は様々ですが、実際に上がってしまった場合はどう対処すればよいのでしょうか?

 バッテリー上がりが起きたらまずは、知人や最寄りのガソリンスタンド、ロードサービスなどに助けを求めると良いでしょう。

 そこで、ブースターケーブルを使用して他車から電気を分けてもらって下さい(ジャンピングスタート)。

 ジャンピングスタートでもエンジンが始動しない場合や、エンジンが始動してもすぐにバッテリーが上がってしまうようだと、バッテリーの寿命かも知れません。

 バッテリーが寿命(使用年数1~5年前後)の場合は、いくら充電をかけてもバッテリー性能は回復しませんので、バッテリー交換を行ってください。

バッテリー上がりが起きないための対策とは?

 さて、バッテリー上がりというトラブルに見舞われないためにも、日頃から対策を行っておくとよいでしょう。

  • 頻繁に車を使用する
  • バッテリーは使用しない状況があまり良くありません。
    そのため、最適でも週に1回は走行するようにしましょう。
  • 定期的に電圧のチェックをする
  • バッテリーの電圧が弱っていないかこまめにチェックすると事前にバッテリー上がりを予測できます。
    ガソリンスタンドやカー用品店などで無料点検を行っていたり、電圧計測器を貸出ていたりするので有効に利用しましょう。
  • 長期間乗らない場合はバッテリーを外す
  • 車に長期間乗らないという場合は、端子だけでも取り外しておくと漏電を防ぐ事ができます。

 冒頭で述べたとおり、バッテリー上がりは、非常に起きやすいトラブルです。

 JAF(ロードサービス)がまとめた原因別出動理由によるとバッテリー上がりがトップとなっています。

 バッテリーが上がってしまわないためにも、対策をしっかりと行うようにし、万が一の事態に備えるためにブースターケーブルを車に積んでおくと良いでしょう。

関連記事

PAGE
TOP