みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【そろそろ寿命かも…】トラックのタイヤを交換する時期の目安は?

整備・メンテナンス
タイヤの交換時期

 大きな車体に、重量のある荷物を載せて走行するトラック。

 そんなトラックだからこそ、より一層きちんと整備をおこなっておく必要があります。

 中でも、自動車を動かすタイヤについてはしっかりと整備しておく必要があります。

 もちろん、日々の整備点検では走行前にタイヤの亀裂や損傷、空気圧などチェックしているとは思いますが、定期的にタイヤを交換する必要もあります。

 ですが、具体的にどれくらいでタイヤを交換すれば良いのか、分からないという人もいることでしょう。

 そこで今回は、トラックのタイヤの寿命や交換時期についてまとめてみました。

トラックのタイヤの寿命

 さて、そもそもトラックのタイヤの寿命はどれくらいと言われているのでしょうか?

 タイヤの寿命は主に以下の2つの点で確認する事ができます。

  • スリップサイン
  • ヒビ

 一般的な乗用車のタイヤとトラックのタイヤは、用途が異なるので、もちろん強度の違いがありますが、タイヤの寿命を確認する際は、以上の2点を確認します。

 では次に、スリップサインとヒビについて詳しく見て行きましょう。

スリップサインによるタイヤの交換時期

 一般的に新品のタイヤには、およそ8mmの深さの溝があります。

 タイヤは使用することで、溝が擦り減っていきますが、1.6mm程度になると、「スリップサイン」と呼ばれる目印が現れます。

 スリップサインとは、法律で決められたタイヤの使用限度を示すサインのことです。

 このスリップサインが現れると車検にも通らないので、タイヤ交換が必要になります。

一般道での使用期限

  • 1.6mm

高速道路での使用期限

  • 1.6mm
  • (乗用車・軽トラック用タイヤ)
  • 2.4mm
  • (小型トラック用タイヤ)
  • 3.2mm
  • (トラック・バス用タイヤ)

ここまでの溝の深さになると、タイヤの交換が絶対に必要ですが、日頃から溝の深さはチェックし、スリップサインが出る前に交換を行うのがより安全でしょう。

ヒビによるタイヤの交換時期

 タイヤは、長年使用していると経年劣化によりヒビが入ってきます。

 特にタイヤの側面にヒビが入っている場合は、バーストを引き起こす危険性がありますので、すぐにでもタイヤの交換が必要です。

 ヒビは、タイヤの製造年数から3年を超えてくると入ってくると言われています。

 また、空気圧が不十分だとヒビが入りやすいと言われています。

 こちらもスリップサインと同様、日頃から点検しておくようにしましょう。

※ちなみに、タイヤの製造年月はタイヤ側面に記載されていますので確認しておきましょう。

関連記事

PAGE
TOP