みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【足回りを綺麗に!】ホイールの正しい洗車方法と磨き方について

整備・メンテナンス
カスタムホイール

 自動車で最も汚れる箇所「足回り」。

 ボディがピカピカなのに足回りが汚れていたらなんだかイマイチですよね…。

 そこで今回は、車の足回り「ホイール」を綺麗に洗車する方法とピカピカに磨く方法についてまとめてみました。

ホイールの洗車に必要な道具

 さて、まずは洗車を行う前に必要な道具を確認しておきましょう。

  • カーシャンプー
  • 洗車用スポンジ
  • 歯ブラシ
  • タイヤクリーナー

※洗車ブラシはキズがつく可能性があるので、できるだけ使用を控えて下さい。

 これらに加え、ホイールが鉄粉(ブレーキダスト)で汚れている場合はブレーキダストクリーナーを用意しておくとよいでしょう。

 以上の道具が揃ったら、次はホイールの洗車の手順を見て行きましょう。

ホイールの洗車のやり方・手順

1.水洗い

まずは、大まかな汚れを水で洗い流していきます。
ここで砂や泥汚れをきちんと落としておかないと、スポンジで擦った時にホイールの表面の塗装をキズつけてしまいますので、水圧等を利用してしっかり洗い流しておきましょう。

2.シャンプー

次にシャンプー洗車をおこないます。
ここで使用するカーシャンプーは、ボディの洗車に使用する物でOKです。
スポンジの届きにくいホイールの狭い部分は、歯ブラシを使って洗えば良いです(力加減に注意)。

3.洗い流し

汚れがとれたら次は洗い流します。
この時、しっかりと洗い流さなければ、シャンプーなどが残り、色落ちの原因にもなってしまいます。

4.仕上げ

最後にホイールだけでなく、タイヤにもタイヤクリーナーを使っておくと見た目が綺麗になります。

※鉄粉が付着している場合は、シャンプー前に行って下さい。

 以上がホイール洗車の手順になります。

メッキホイールの磨き方

 さて、一般的にホイールはアルミやスチールといった素材が使用されますが、ドレスアップ目的でメッキタイプのホイールを装着している方も少なくないでしょう。

 メッキホイールは、洗車だけでなく、磨くなどのお手入れをしなければ、サビたり、表面がひび割れたりしてしまいます。

 メッキの場合は、メッキ専用のクリーナーを使用して汚れを落とすようにし、洗車後はホイールコートをするとピカピカになります。

 メッキ専用の物でなければ、成分でメッキが剥がれ落ちたり、変色や変質など悪影響を与える場合があるので、使用するのは避けて下さい。

 以上がホイールの洗車方法になります。

 足回りは汚れるのが早いので、洗車の度にお手入れしてあげると劣化を防ぐことができるでしょう。

関連記事

PAGE
TOP