みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【査定額は期限がある?】トラックの見積もり金額の有効期間はどれくらい?

トラック買取
お金と時間

 トラックの売却を考えた時、まずは車体の査定をおこなって貰いますよね。

 多くの場合、複数の買取業者に査定を依頼すると思いますが、1社に査定額を提示された後も、他の買取業者の査定額が出揃うまで待つ事になります。
 この時、一度提示された査定額がいつまで有効なのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

 そこで今回は、査定額の有効期限はいつまでなのか?という点に注目してみました。

査定額の有効期限とは?

 トラックを買取して貰う際、買取業者に車両の状態などから概算の査定額を出して貰います。

 この時、買取業者が提示した査定額に、有効期限はあるのでしょうか?なお、この査定額の有効期限についての内容は、インターネット上の情報を集約してまとめた為、あくまで参考程度にお考えください。

 実は、買取業者が提示した査定額には、有効期限があると言われています。

 トラックの買取査定額の有効期限は、最短で2~3日程度、多くは1週間程度、遅くても2週間以内であると言われています。ただ、買取業者によって査定額の有効期限は異なるので、査定金額がいつまで有効か、査定時に直接問い合わせてみた方が良いでしょう。

買取査定額の有効期限

有効期限 日数
最短 2~3日
通常 1週間程度
最遅 2週間以内

 そして、買取業者が提示する査定額は、時期やオークション相場の影響もあり、日々変動しているという情報もあります。

 トラックの価値は、新車時から時間が経つほど落ちていくものなので難しいかもしれませんが、トラックを査定に出す際は、相場を調べておくのも良いでしょう。

 また、査定期限内にトラックを手放せない場合は、あらかじめその旨を業者に伝えておいた方が、今後の買取までの流れを話すことが出来るため印象は良いでしょう。
 ですが、買取業者はそれを見越した上での査定を行うので、査定額は安くなる事が考えられます。

査定額の有効期限が切れてしまったら…

 では、他業者の査定を待っている間に、一番高額だった買取業者の金額提示から2週間以上経過してしまった場合、どうなるのでしょうか?

 その場合、ほとんどの買取業者が査定額の変動などを理由に、以前より査定額が低く見積もられる事が多くなっています。

 そのため、査定の有効期限が切れてしまったら、査定待ちをしている買取業者を利用する、もしくは既に査定が終わっている買取業者に再び概算額を提示してもらい、他業者からすでに提示されている金額と比較してみると良いでしょう。

 また、時間に余裕があるなら、この時点である程度の相場を予想する事ができるので、新規の買取業者に査定をしてみるのもよいかもしれません。

有効期限が切れた場合の対処

  • 他業者の提示を了承する
  • 再査定を行なってもらい比較する
  • 相場を予想し新規買取業者に依頼する

 このような理由から、査定額の有効期限と言われている1週間以内には、提示された金額で了承するかを判断した方が良いと言えます。

 そして、複数の業者に査定を依頼する場合は、難しいかもしれませんが出来るだけ査定依頼を同日に行いましょう。そうする事で、査定期限もほぼ同時になるので、比較がしやすくなり、査定の有効期限切れも事前に防ぐことが出来るでしょう。

関連記事

PAGE
TOP