みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【車庫証明の取得には何が必要?】申請方法や書類・費用まとめ

書類
車庫証明

 トラックや普通乗用車など、車両を新たに購入する際に必要となる車庫証明。

 この車庫証明を自身で取得する事で、代行費用などを節約する事が出来るのですが、取得方法の詳細がわからないため、ディーラーや販売業者に代行依頼している…という方も多いのでは無いでしょうか?

 そこで今回は、車庫証明の取得方法についてまとめてみました。

車庫証明とは?

 まず、車庫証明とは一体、どのような書類のことを指すのでしょうか?

 これは、車を新たに購入する際や、名義変更を行う場合に必要となる書類のことで、自動車の保管場所を証明するための証明書になります。

 一般的には「車庫証明」と呼ばれていますが、正式名称は「自動車保管場所証明書」といいます。

 車庫証明の取得は「自動車保管場所法」という法律内で義務づけられており、自動車を保有するにあたって必ず取得する必要が出てきます。

 では、そんな車庫証明を取得するにはどうしたら良いのでしょうか?次の項目で確認してみましょう。

車庫証明の取得方法

 自動車を保有する上で取得する必要がある車庫証明ですが、取得の際にまず、何を準備したら良いのでしょうか?

 以下に、申請時に必要となる書類をまとめてみたので確認してみましょう。

※自身の土地や建物を使用する場合

  • 自動車保管場所証明申請書
  • 車庫証明を申請する為のメインとなる書類です。この用紙は警察署での入手、もしくはインターネット上からダウンロードする事で取得する事ができます。
  • 保管場所標章交付申請書
  • 車庫証明を取得していることを証明する為の申請書になります。これを申請することで、自動車に貼るステッカーが配布される事になります。
  • 保管場所の所在図・配置図
  • 自動車を実際に保管する場所の地図を記載する為の書類です。
  • 保管場所使用権原疎明書面(自認書)
  • 自動車を保管する場所が、自身の所有する土地や建物であった場合、そこが自身の所有する物であることを証明する為の書類です。

次に、月極め駐車場など、自身の土地や建物を使用しない場合に必要となる書類を確認してみましょう。

※月極め駐車場等を使用する場合

  • 自動車保管場所証明申請書
  • 車庫証明を申請する為のメインとなる書類です。この用紙は警察署での入手、もしくはインターネット上からダウンロードする事で取得する事ができます。
  • 保管場所標章交付申請書
  • 車庫証明を取得していることを証明する為の申請書になります。これを申請することで、自動車に貼るステッカーが配布される事になります。
  • 保管場所の所在図・配置図
  • 自動車を実際に保管する場所の地図を記載する為の書類です。
  • 保管場所使用承諾証明書
  • 自動車を保管する場所が、自身の所有する土地や建物では無かった場合、駐車場所の所有者から使用許可を取っている事を証明するための書類です。
    この保管場所使用承諾証明書を用意できなかった場合、次に挙げるものいずれか1点を用意するだけで、代替する事が出来ます。
    ・駐車場の賃貸借契約書の写し
    ・賃貸借契約書の写し、もしくは駐車場使用料金の領収書等
    ・都市基盤整備公団等の公的法人が発行する確認証明書等

 申請時に必要となる書類は以上になります。

 自身の環境に合った方の書類を準備し、自身の居住区を管轄する警察署に行きましょう。そこで、警察署内に設けられている車庫証明窓口へ必要書類を提出する事で、車庫証明を取得する事が出来ます。

 ただし、申請の際には手数料として約3,000円程度の費用を支払う必要があるので、忘れずに準備しておきましょう。

 これをディーラーや業者に依頼した場合、平均で10,000円~15,000円程度の手数料を取られるので、自身で行うだけで10,000円近くも費用を節約する事が可能になります。

 時間に余裕がある方や、少しでも経費を節約したい方は是非、自身で申請してみてはいかがでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP