みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【対処や対策】インロックの原因は?

豆知識
車の鍵

 車の鍵を車内に残したまま、ドアをロックしてしまった…。

 このインロック(キー閉じ込み)を起こしてしまうと車に乗れなくなるので、急いで対処したいですよね。

 では、このインロックを起こしてしまった場合は、どう対処すれば良いのでしょうか?

 そこで今回は、インロックの原因や対処、対策などについてまとめてみました。

インロックの原因と対処は

 インロックの原因の1つとして、ドアノブを引いた状態でドアを締めてしまうことが挙げられます。

 また、スマートキーの場合は、作動範囲の誤作動や、電池切れ、接触不良等の原因が考えられます。

  • ドアノブを引いた状態でドアを締める
  • スマートキーの作動範囲誤作動
  • 電池切れ
  • 接触不良

 では、インロックを起こしてしまった場合の対処方法は、何があるのでしょうか?

 古い車の対処方法としては、窓が少しでも空いていれば隙間から針金やワイヤーを入れて、ロックを解除することが出来ますが、車体が傷ついてしまうので、あまりオススメできません。

 または、ロードサービスに依頼してドアを開けて貰う方法があり、こちらは1万5千円程度費用がかかります。

 さらに、合鍵業者に連絡して鍵を解錠して貰う方法もあり、こちらは1万円から3万程度の費用と、身分証が必要です。

  • 針金やワイヤーでロック解除
  • ロードサービスに依頼
  • 合鍵業者に依頼

 現行の車でインロックが起こってしまった際、無理やり開けようとすると、盗難防止のイモビライザーが働く可能性があるので、ロードサービスや合鍵業者に依頼した方が良いでしょう。

インロックの対策は

 一度起こしてしまうと対処に費用がかかるインロックですが、インロックを起こさないようにするには、どのような対策を取れば良いのでしょうか?

 この対策として一番簡単な方法は、常に鍵を持ち歩くことであり、鍵を忘れないためにもキーホルダーを取り付ければ良いでしょう。

 または、スペアキーを作成しておいて、財布や車の工具箱に入れておけば、いざという時も対処できます。

  • 鍵にキーホルダーを付ける
  • スペアキーを作り保管する

 また、スマートキーの場合は電池を2年に1回程度交換して、電池切れや接触不良を防ぎましょう。

 このスマートキーをカバンの中にしまう場合は、電波を邪魔してしまう電化製品を一緒に入れないようにしましょう。

 さらに、スマートキー専用のアプリを利用すれば、一定の距離を離れるとスマートフォンからアラームが鳴りますので、合わせて利用してみてはいかがでしょうか?

  • スマートキーの電池を交換する
  • 電化製品と一緒にしない
  • アプリでアラームを鳴らす

 以上のような対処や対策を覚えておけば、インロックが起こってしまっても慌てないで済むのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP