みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【フィルムやスプレー】車のUVカットの費用や方法は?

豆知識
UVフィルムの画像

 紫外線が気になる方は車のUVカット対策を考えているのではないでしょうか?

 この車のUVカットする方法はいくつかあります。

 また、車のUVカットを行う際の費用はどのぐらい掛かるのでしょうか?

 そこで今回は、車のUVカットの費用や方法についてまとめてみました。

フィルムやカーテンの場合

 さて、車のUVカット対策として、フィルムやカーテンをつける方法があります。

 このフィルムやカーテンは、取り外しが容易なため、実践しやすくなっています。

フィルム

 車のUVカット対策で、窓につけるフィルムはいくつか種類があります。

  • 断熱フィルム
  • 窓に丁寧に貼り付ける
  • 15,000円~45,000円

 断熱フィルムは断熱加工されているフィルムで、夏の暑い日差しなどを遮ることができます。

 また、UVカットはもちろんのこと、断熱加工でエアコンの効きも良くなる特徴があります。

  • ミラーフィルム
  • 窓に丁寧に貼り付ける
  • 15,000円~45,000円

 ミラーフィルムはミラーの反射を利用することで、車のUVカット対策ができます。

 さらに、ミラーフィルムを窓に貼り付けることで、外から車内が見えづらくなる工夫がされています。

カーテン

 次に車のUVカット対策として、窓につけるカーテンにも種類があります。

  • サイドカーテン
  • 車内の窓に取り付ける
  • 1,000円~5,000円

 サイドカーテンは強い日差しを軽減することができ、装着が簡単に行えます。

 このサイドカーテンは、外側から見えないように加工されているため、プライベート空間を演出することができます。

  • メッシュカーテン
  • 車内の窓に取り付ける
  • 3,000円~10,000円

 メッシュカーテンは、特殊な加工が施されたメッシュを採用しているのでUVカットと熱を遮断します。

 また、素材がメッシュなため風通しが良く、快適性に拘っています。

 ちなみに、車のフロントガラスや運転席と助手席の窓にカーテンをつけると、取り締まりなどで違反点数や反則金を取られることもあるので注意しましょう。

スプレーの場合

 さらに、車のUVカット対策として、スプレーやクリーナーもあります。

 このスプレーやクリーナーは使い方が簡単なため、気軽に実践することができます。

スプレー

 車のUVカット対策で、窓に塗るタイプのスプレーです。

  • UVカットスプレー
  • 窓に吹きかけて伸ばしていく
  • 1,000円~5,000円

 UVカットスプレーの使い方は、窓に少しずつ吹きかけて伸ばしていきます。

 また、UVカットスプレーは紫外線予防剤を配合しているので、窓からの紫外線を遮断することができます。

クリーナー

 さらに、窓に塗るクリーナータイプもあります。

  • UVカットクリーナー
  • 窓を磨くように塗る
  • 1,000円~5,000円

 UVカットクリーナーの使い方は、スポンジなどにクリーナーをつけて、窓を磨くように塗っていきます。

 さらに、UVカットクリーナーはクリーム状なので、馴染みやすいのが特徴です。

 紫外線が気になる方は、以上の費用や方法をふまえて実践してみてはいかがでしょうか。

関連記事

PAGE
TOP