みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【買取の手続き】トラックの持ち主が亡くなっている場合に必要な書類は?

書類
持ち主のいないトラック

 所有者がすでに亡くなっているトラックを買取に出したい、そのような状況もあるかと思います。

 その際、様々な書類等を準備する必要があるのですが、何を用意したらいいのかもわからず戸惑ってしまう、なんて事も考えられますよね。

 そこで今回は、所有者が亡くなっているトラックを買取に出す際、どんな書類が必要になるのかをまとめていきます。

買取に必要な書類とは?

 所有者がすでに亡くなっているトラックを買取業者に売却したい場合、通常時とは別に書類を準備しなければならない事はわかっていても、実際にはどのような書類を準備したら良いのかわからない、という方も多いかと思います。

 そこで、以下にどんな書類が必要になるのかまとめてみたので確認してみましょう。

※所有者が亡くなっている場合に必要な書類一覧

  • 戸籍謄本
  • 車の所有者の除籍が確認出来る、戸籍謄本が必要となります。
    各市区町村の役所で発行してもらうことが出来ますが、発行されてから3ヶ月以内のものを用意して下さい。
  • 除籍謄本
  • 車の所有者が亡くなった事を証明する為に必要となります。
    この書類を提出する事により、所有者の除籍が確定されます。
  • 印鑑証明書
  • 所有者の実印を証明するために必要となる書類です。
    各市区町村の役所で発行してもらうことが出来ますが、発行されてから3ヶ月以内のものを用意して下さい。
  • 遺産分割協議書
  • 所有者の遺産分割を証明する書類です。
    遺産分割の正確な記録を残す事で、トラブルが起きないようにします。
  • 車庫証明
  • 所有者が使用していた車庫と異なる場合に必要となります。
    自身のお住まいを管轄する警察署で発行してもらうことが出来ますが、所有者と同じ住所に車を停める場合は必要ありません。

 所有者がすでに亡くなっているトラックを売却する際に必要な書類は、以上のようになっています。

 トラック買取時に必要な書類については以下を参照下さい。
○トラックの買取契約で必要な書類

 上記書類中の「遺産分割協議書」に関してですが、相続人は遺産扱いとなるトラックを勝手に売却する事が出来ないため、亡くなった方の戸籍謄本、並びに戸籍謄本に記載されている相続人の遺産分割協議書が必要になります。

 また、この書類は相続人に該当する全ての方がトラックの相続人を決めたという証明書になるため、相続人に該当する方が複数人居る場合は、該当する方すべての氏名や住所、押印等を記載してもらうことが必要になります。

 この時に、相続人に該当するにもかかわらず、誰か参加していない人がいるとその協議は無効になるので、注意しましょう。

 この書類は、あくまでもトラックの所有者を相続人に移すために必要な書類となるため、これがあることで相続人は通常通りの買取手続きを行うことが出来ます。

関連記事

PAGE
TOP