みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【申請や更新】Gマークとは?

資格・免許
Gマークのロゴ

 貨物自動車運送事業者は、安全性を向上させ公表するためにGマークを取得する場合があります。

 このGマークとは、どういった意味があるのでしょうか?

 また、Gマークの申請条件や更新期間は、どうなっているのでしょうか?

 そこで今回は、Gマークの申請や更新などについてまとめてみました。

Gマークってなに?

 さて、Gマークとは、どういった意味があるのでしょうか?

 このGマークは安全性優良事業所とも呼ばれ、貨物自動車運送事業者の安全性を向上させるために設けられています。

 また、全国貨物自動車運送適正化事業実施機関に指定されている社会法人全日本トラック協会が国土交通省と協議した上に、実施されている制度のことです。

  • 貨物自動車運送事業者の安全性を向上
  • 実施されている制度

メリットは?

 さらに、Gマークのメリットは何が挙げられるでしょうか?

  • 違反点数の回復期間を短縮
  • ドライバーの意識向上
  • 保険料の割引

 このメリットとしては、違反点数の回復期間を短縮できることがあります。

 この違反した場合の点数は、通常3年間で回復することが決まっていますが、Gマークを取得していることで期間が2年間に短縮できます。

 また、ドライバーの意識向上も挙げられ、Gマークを取得することで安全面の向上にも繋がります。

 さらに、別のメリットとしては保険料の割引もあり、損害保険会社の一部企業では独自の割引を適用しています。

デメリットは?

 さらに、Gマークのデメリットとしては、定期的な更新を行わなければいけません。

  • 定期的な更新

 これは取得した初回時の2年間と1回目の更新時の3年間、2回目以降の更新は4年間となり、定期的な更新が必要となります。

 ここまではGマークについて説明してきましたが、次の項目では申請条件や更新期間などについて詳しく触れていきます。

申請条件や更新期間は?

申請条件は?

 では、Gマークの申請条件はどうなっているのでしょうか?

 この申請条件としては事業を開始して3年以上経過し、事業用の車両台数が5両以上所有していることが挙げられます。

  • 事業を開始して3年以上
  • 事業用の車両台数が5両以上

 また、過去3年間に渡り無事故であり、Gマークの不正申請や取消しがないことも申請するための条件となっています。

  • 過去3年間に渡り無事故
  • 不正申請や取消しがない

 さらに、申請書類として厚生年金保険料の納付状況が確認できる書類も必要となり、用意しなければいけません。

更新期間は?

 また、Gマークの更新期間はどれくらいなのでしょうか?

  • 初回の取得時は2年間
  • 1回目の更新時は3年間
  • 2回目以降の更新時は4年間

 この期間は初回の取得時は2年間となっていて、1回目の更新時は3年間となります。

 また、2回目以降の更新時は4年間となるため、更新期間の間隔は長くなります。

 また、Gマークの認定期間は認定された翌年の1月1日から、有効期間が終了する年の12月31日までです。

  • 認定された翌年の1月1日
  • 有効期間が終了する年の12月31日

 この期間を過ぎる前に、更新が必要となるので注意しましょう。

 上記の申請条件や更新期間について覚えておけば、Gマークを取得する際に役立つのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP