みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【内部や免許】馬運車ってなに?

豆知識
馬運車と馬

 競走馬の輸送を目的としている馬運車。

 この馬運車の内部は、どのような構造なのでしょうか?

 また、馬運車の運転をするために必要な免許は、何が挙げられるでしょうか?

 そこで今回は、馬運車の内部構造や必要免許についてまとめてみました。

馬運車の内部構造は?

 さて、馬運車とは競走馬を輸送するための自動車のことでバスベースとトラックベースがあり、馬バスの愛称でも親しまれています。

  • 競走馬を輸送するための自動車
  • バスベースとトラックベースがある

 この馬運車は競走馬の移動に使用されることが多くなっていますが、牧場や個人が所有している場合もあります。

  • 競走馬の移動で使用されることが多い
  • 牧場や個人が所有している場合もある

 また、馬運車の内部は運転席、馬の世話をする厩務員のスペース、競走馬を収容するスペースの3つで構成されています。

  • 運転席
  • 厩務員のスペース
  • 競走馬のスペース

 さらに、馬運車1台に乗せられる競走馬の数は、1頭から6頭程度となっています。

  • 1頭~6頭程度

 馬運車の内部の設備では、輸送の際に馬にストレスを与えないために、温度調節が可能な冷暖房があります。

 また、馬運車の車体後部には馬が乗り降り可能なゲートが取り付けられています。

 さらに、輸送時には車体の前後に競走馬輸送中の表示がされ、前後方の車に馬が乗車していることを伝えて安全運転を呼び掛けています。

  • 競走馬輸送中の表示
  • 前後方の車に安全運転を呼び掛ける

 ここまでは馬運車の内部構造について説明してきましたが、次の項目では必要免許や事故事例などについて触れていきます。

必要免許や事故事例は?

必要免許は?

 では、馬運車の運転をするために必要な免許は、何が挙げられるでしょうか?

 この免許は大型一種免許、または大型二種免許が必要となります。

  • 大型一種免許
  • 大型二種免許

 また、馬運車の運転をするためには、上記の資格以外に大型自動車の運転経験が3年以上なければなりません。

 これは競走馬を安全に輸送するために技術や経験が関係していて、移動の際は急発進や急ハンドル、急ブレーキの運転操作が禁止されています。

  • 大型自動車の運転経験が3年以上
  • 急発進や急ハンドル、急ブレーキは禁止

事故事例は?

 さらに、馬運車の事故事例は、何があるのでしょうか?

 海外で起きた事故事例では、高速道路で横転した馬運車から馬が逃げ出すという事故が起きました。

 この事故では幸いにも怪我人は出なかったものの、大渋滞が発生してしまいました。

 ちなみに、馬運車と事故を起こして競走馬などを負傷させてしまった場合は、馬主や競馬主催者から高額な賠償金の請求をされる事があります。

  • 競走馬などを負傷させた場合
  • 高額な賠償金の請求もある

 上記のような内部構造や必要免許ついて覚えておけば、馬運車についての知識が深まるのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP