みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【距離など】車の慣らし運転の方法は?

豆知識
運転するドライバー

 車を新車で購入した場合は、慣らし運転を行うことが推奨されています。

 この慣らし運転はどのような方法で行うのでしょうか?

 また、慣らし運転を行う距離は、どれくらいなのでしょうか?

 そこで今回は、車の慣らし運転の方法や距離などについてまとめてみました。

車の慣らし運転の方法は?

 さて、車の慣らし運転とは新車購入時などに行う運転方法となり、徐々に慣らしていく走行のことを指しています。

  • 新車購入時などに行う運転方法
  • 徐々に慣らしていく走行

 この慣らし運転を行う意味としては、急激な負荷を避けて不具合や故障を防ぐ目的があります。

 また、慣らし運転を行うことで新品のタイヤを馴染ませたり、ねじの緩みなどを発見することができます。

  • 急激な負荷を避けて不具合や故障を防ぐ目的
  • タイヤを馴染ませたりねじの緩みを発見

 では、慣らし運転はどのような方法で行うのでしょうか?

 この慣らし運転の方法は、エンジンの回転数を一定に保ちながら走行を行い、急発進や急ブレーキなどを避ける必要があります。

 また、エンジンの回転数は、2000回転を保って走行しましょう。

  • 回転数を一定に保って走行
  • 急発進や急ブレーキを避ける
  • 回転数は2000回転を保つ

 さらに、慣らし運転は高速道路で行うことが良いとされています。

 これは高速道路であると停車する機会が少ないことが挙げられ、一定の速度とエンジンの回転数を保ちながら走行することができ、車への負担も少なくなるからです。

  • 一定の速度とエンジンの回転数を保ち走行
  • 車への負担が少ない

 ここまでは慣らし運転の方法について説明してきましたが、次の項目では距離などについて触れていきます。

慣らし運転の距離は?

 さて、慣らし運転を行う距離は、どれくらいなのでしょうか?

 ここでは、ディーゼル車とハイブリッド車の目安について説明していきます。

 この2種の目安となる距離は、1000km程度と言われています。

  • ディーゼル車とハイブリッド車
  • 1,000km程度の走行

 また、慣らし運転を行った際の走行距離である1000kmはエンジンオイルが減る時期でもあり、交換を行うのにも適しています。

 これは新車購入時から最初の交換となるため、不具合や故障が発生するのを防ぐために交換のスパンが短く設定されています。

  • 新車購入時から最初の交換になる
  • 不具合や故障が発生するのを防ぐため

 このため、ディーゼル車の場合は1000km程度でエンジンオイルの交換を行います。

 また、ハイブリッド車の場合は燃費が良いことが関係しているため、15000km程度が目安となっています。

  • ディーゼル車は1000km程度
  • ハイブリッド車は15000km程度

 さらに、この期間まではエンジンの回転数を2000回転で保って走行すると良いとされています。

 ちなみに、慣らし運転の目安の距離は推奨している自動車メーカーによって異なるので注意しましょう。

 上記のような慣らし運転の方法や目安の距離について覚えておけば、新車の購入時に役立つのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP