みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【修理や対策】エンジンのオイル漏れの原因は?

豆知識
オイル漏れを見る人

 車のエンジンを動かすために必要なオイルですが、漏れが発生した場合はどうすれば良いのでしょうか?

 また、このオイル漏れの原因は何なのでしょうか?

 さらに、オイル漏れの修理や対策は、何が挙げられるでしょうか?

 そこで今回は、エンジンのオイル漏れの修理や対策などについてまとめてみました。

オイル漏れの原因は?

 さて、エンジンのオイル漏れとは、どのようなことが原因なのでしょうか?

 このエンジンのオイルは、車のエンジンを動かすために必要なオイルとなっていますが、何かしらの原因により漏れが発生する場合があります。

  • 車のエンジンを動かすために必要
  • 何かしらの原因により漏れが発生

 また、オイル漏れの原因としては、以下が挙げられます。

  • パッキンの劣化
  • オイルパンの故障

 エンジンのオイル漏れの原因は、経年経過によるパッキンの劣化が関係しています。

 このパッキンとは、エンジンオイル周辺の部品の衝撃を吸収しているゴムです。

 このため、衝撃を軽減できるような伸縮性のある作りになっていますが、経年経過により劣化が進みオイル漏れを発生させてしまう場合があります。

 また、別の原因にはオイルパンの故障が挙げられ、このオイルパンはエンジン底部にあるエンジンオイル留めを指します。

 これは車で走行している際の衝撃でオイルパンが故障することがあり、穴が空いてしまった場合は漏れが発生します。

 さらに、走行中の衝撃以外にも、石などがエンジンに当たって穴が空く場合もあります。

 ここまではエンジンのオイル漏れの原因について説明してきましたが、次の項目では修理や対策について詳しく触れていきます。

修理や対策は?

 では、エンジンのオイル漏れが発生した場合は、どのように修理を行うのでしょうか?

修理方法は?

 エンジンのオイル漏れの修理は、自分で行う場合とカーショップに依頼する方法があります。

  • 自分で修理を行う
  • カーショップに修理を依頼

 自分で修理を行う場合は、上項で取り上げた部品を購入して交換することが挙げられます。

 また、自分で修理を行う際の費用は、パッキンの代金1000円程度やオイルパンの代金10000円程度が掛かり、車の専門知識も必要となります。

 さらに、カーショップに修理を依頼する場合は自分で修理を行う手間が省け、費用は3000円から20000円程度となり、パッキンだけの交換だと3000円程度で済みます。

 しかし、オイルパンなどを全部取り換えると料金は20000円程度掛かります。

  • 自分で修理 部品代金のみ 1,000円~10,000円程度
  • カーショップに修理を依頼 3,000円~2,0000円程度

対策は?

 さて、エンジンのオイル漏れを防ぐ対策は、何があるのでしょうか?

 エンジンのオイル漏れを防ぐ対策としては、定期的なメンテナンスを行うことが挙げられます。

 これは定期的に期間を決めてメンテナンスを行うことで、不備や故障を早期に発見することができます。

  • 定期的なメンテナンス
  • 不備や故障を早期に発見

 このため、メンテナンスの期間は、1年に1度が目安となっています。

 上記の原因や対策について覚えておけば、エンジンのオイル漏れを未然に防ぐことができるのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP