みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【罰則や法律】後部座席のシートベルトは着用しないといけないの?

法律・制度
後部座席のシートベルト着用

 車に乗車する際に、着用するシートベルト。

 このシートベルトは着用が義務付けられていますよね。

 では、後部座席のシートベルトも着用しなければならないのでしょうか?

 そこで今回は、シートベルトの義務化と罰金や法律についてまとめてみました。

後部座席の着用は?

 シートベルトの着用は、道路交通法第71条3項によって義務づけられています。

 また、後部座席のシートベルト着用も同様に義務となっています。

 この着用を義務付ける道路交通法71条3項は以下のように定められています。

  • 自動車の運転者は、道路運送車両法第3章及びこれに基づく命令の規定により当該自動車に備えなければならないこととされている座席ベルトを装着しないで自動車を運転してはならない。ただし、疾病のため座席ベルトを装着することが療養上適当でない者が自動車を運転するとき、緊急自動車の運転者が当該緊急自動車を運転するとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。自動車の運転者は、座席ベルトを装着しない者を運転席以外の乗車装置に乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、幼児を当該乗車装置に乗車させるとき、疾病のため座席ベルトを装着させることが療養上適当でない者を当該乗車装置に乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。

 このような道路交通法を簡潔に説明すると、シートベルトを着用せずに車を運転してはいけないことを表しています。

 また、車の運転手はシートベルトを着用していない人がいる状態で、運転をしてはいけないことも定めています。

  • シートベルトを着用せずに車を運転してはいけない
  • シートベルトを着用していない人がいる状態で、運転してはいけない

 ただし、シートベルトは以下のやむを得ない理由がある場合は着用しなくても良いとされています。

  • 負傷や妊娠などでシートベルトの着用ができない
  • 自動車を後退させるために運転する時
  • 人の命や危険を及ぼす行為が発生した場合

 シートベルトをしなくても良い理由の一つとして、負傷や妊娠などでシートベルトの着用ができないことが挙げられます。

 この負傷や妊娠は、シートベルトの締め付けで悪い影響を受ける恐れがあるためです。

 また、別の理由としては、自動車を後退させるための運転時があります。

 この自動車の後退時とは駐車のことを指し、後方を確認する際に邪魔になる恐れがあるためです。

 さらに、事故や病気などで人の命に危険が及んだ際も着用が免除され、この理由は事故などにより一刻を争う場合もあるからです。

 また、後部座席のシートベルト着用は、安全面での考慮により義務づけられています。

 この理由は、後部座席のシートベルトを着用しない状態で事故が起こると、全身を強打する恐れがあるためです。

 さらに、事故などが発生した際に着用していないと車外に放り出される可能性もあります。

  • 全身を強打する恐れがある
  • 車外に放り出される

 ここまではシートベルトの義務化について説明してきましたが、次の項目では罰則や法律についてふれていきます。

罰則や法律は?

 では、後部座席のシートベルトを着用していない場合は、罰則があるのでしょうか?

 後部座席のシートベルトを着用していない場合は、上項で説明した道路交通法の違反にあたります。

 このため、後部座席のシートベルトを着用していないと罰則の対象となります。

 この罰則とは免許の加点が挙げられ、高速道路と一般道路で異なります。

  • 高速道路の場合
  • 加点1点
  • 一般道路の場合
  • 加点なし

 後部座席のシートベルトを高速道路で着用していない場合は、免許の点数が加点1点となります。

 さらに、一般道路で後部座席のシートベルトを着用していない場合は加点はありませんが、警察に止められたら注意や警告を受ける可能性があります。

 また、後部座席のシートベルトを着用していないことによる、反則金はありません。

  • 後部座席のシートベルトを着用していない
  • 反則金なし

 ただし、後部座席のシートベルトは交通ルールとして着用する義務があるため、忘れないようにしましょう。

 上記の内容を知っておくことで、後部座席のシートベルト着用は大切であることが分かったのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP